日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

5月24日例会報告要旨

5月24日例会の報告要旨について、お知らせします。

要旨は下記の通りです。

【報告要旨】


丸山眞男『現代政治の思想と行動』(増補版 未來社 1964年)の第二部「イデオロギーの政治学」。論文集という形になっているが、内容は大別して二種に分けられるので、本書の章立てとは順序が入れ替わるが、以下の要領で報告した。
 
【1】 まずロシア革命からスターリン批判にいたるまでの政治観を、英国政治学者ラスキの論を軸に分析した。1「西欧文化と共産主義の対決 ――ラスキ「信仰・理性及び文明」について――」 2「ラスキのロシア革命観とその推移」 5「「スターリン批判」における政治の論理」
 
【2】 続いてファシズム、ナショナリズムなどの政治概念の分析に入った。3「ファシズムの諸問題 ――その政治的動学についての考察――」 4「ナショナリズム・軍国主義・ファシズム」
 
また、同時代の思想状況、およびアジアナショナリズムを考えるため、竹内好の議論を援用し、丸山と竹内を同時に論じている大澤真幸にも触れた。

文責:松本智也

PageTop