日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

4月26日前期例会報告討論要旨

4月26日前期例会報告の討論要旨について、お知らせ致します。

【討論要旨】

松川雅信氏によって「丸山真男『日本政治思想史研究』を読む――第二章:近世日本政治思想史における『自然』と『作為』」の報告が行われた。

質疑応答ではまず、儒教思想史における丸山の位置づけについての質問があった。これに対して報告者は丸山批判を軸として近代儒学思想史が展開されてきたので、今の歴史像を規定した位置であると答えた。

また、徂徠の同時代的な影響力についての質問があった。報告者は当時の詩文・文人への影響力があり、朝鮮半島でも丁若などの儒者にも評価されていたと答えた。

その他、『日本政治思想史研究』は丸山思想においてはまだ未完成の段階であるか、という質問に対して、報告者は社会の変化により、丸山思想も変化しつつあると答えた。その上、丸山の転換でなく「古層」論・日本人の思考様式論などをもって、丸山思想の連続性を説明した。

文責:殷暁星

PageTop