FC2ブログ

日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2018年7月24日(火)例会予告

史料輪読:「第一篇山鹿素行」井上哲次郎『日本古学派之哲学』冨山房、1902年、5-133頁

報告者:塩野麻子

要旨:
今回の報告では、「第一篇山鹿素行」井上哲次郎『日本古学派之哲学』(冨山房、1902年、5-133頁)を講読したうえで、井上の「山鹿素行」解釈を検討することに重点を置きたい。
井上は山鹿素行の思想を世間に広く紹介した「素行の紹介・顕彰の自他共に認める第一人者」(立花均『山鹿素行の思想』ぺりかん社、2007年、36頁)である。このテクストにおいて彼が素行から「何」を抽出したのかを検討することは、素行の思想を対象化する過程のなかでも非常に重要な作業となる。

参考文献:
石橋賢太「山鹿素行の朱子学批判」中央大学、2016年、博士論文
井上哲次郎「山鹿素行」『日本精神講座 第六巻』新潮社、1934年
立花均『山鹿素行の思想』ぺりかん社、2007年
中山広司『山鹿素行の研究』神道史学会、1988年
松本三之助『明治思想史――近代国家の創設から個の覚醒まで』新曜社、1996年
劉長輝『山鹿素行――「聖学」とその展開』ぺりかん社、1999年

PageTop