FC2ブログ

日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2018年5月29日(火)例会予告

史料輪読 : 近代陽明学における大塩中斎像――井上哲次郎の『日本陽明学派之哲学』「大塩中斎」を中心に

報告者 : 古文英

要旨 :
今回の報告では、『日本陽明学派之哲学』における大塩中斎に関する部分を要約し、「井上の大塩中斎像」、「井上の大塩中斎評価」、「井上の哲学思想と大塩中斎像の関係」等を考察する予定である。

参考文献 :
・井上哲次郎『日本陽明学派之哲学』富山房、1900年
・高瀬武次郎『日本之陽明学』鉄華書院、1898年
・山下龍二『陽明学の研究 下 展開篇』現代情報社、1971年
・吉田公平『日本における陽明学』ぺりかん社、1999年
・森田康夫『大塩平八郎と陽明学』和泉書院、2008年
・森田康夫『大塩思想の可能性』和泉書院、2011年
・大塩事件研究会編『大塩平八郎の総合研究』和泉書院、2011年
・森田康夫『大塩思想の射程』和泉書院、2014年 等

PageTop