日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

10月19日 例会予告


論題:[博士論文構想]近世後期日朝相互認識の研究
報告者:松本智也
内容:現時点での見通しの段階ではあるが博士論文の構想・概要について章立てを提示して説明し、今後予定している作業についての展望も加えて報告する。

以上宜しくお願い致します。

 

PageTop