日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

『日本思想史研究会会報』34号投稿規定

1. 投稿資格は特にもうけておりません。どなたでも投稿できます。

2.投稿期日 2017年9月15日
※33号に今年の締切が8月末頃と記しておりますが、今年度編集日程の諸事情により、やむを得ず二週間後の9月15日にしました。皆様にご迷惑をかけること心からお詫びいたします。玉稿をお待ちしております。

3.枚数     論文     400字詰原稿用紙に換算して40枚前後
        研究ノート     400字詰原稿用紙に換算して20~30枚
           書評    400字詰原稿用紙に換算して10~20枚

    ※上記の枚数以外でも、弊会が適当と判断したものは受け付けます。

4. 原稿の書式:
A4版40字×30行、縦書き。
   注は、(一)、(二)と通し番号を付した上、末尾に一括して記載してください。
表・図などは、おおまかな掲載場所を指定してください。

5. 投稿された原稿につきましては、弊会で審査もしくは弊会の例会で
   報告していただいたうえ、掲載を決定いたします。
   例会での報告を希望する場合は、投稿の際にその旨を
   明記してください。
   日程については、後日こちらからご連絡いたします。

6. 掲載原稿の著作権は、原則として一年間は弊会に帰属します。

7. 掲載原稿の転載は、原則として一年間は控えてください。
   また、転載にあたっては。必ず弊会の承諾を得てください。


8. 投稿についてのお問い合わせ及び原稿の送り先
    
    立命館大学大学院文学研究科日本史研究室
    肖 月 ayumihamasakilucia@yahoo.co.jp

PageTop