日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

5月25日 例会予告

5月25日の例会の報告につきまして、ご予告いたします。
議題:『近代仏教という視座 戦争・アジア・社会主義』の第ニ章明治期の「新しい仏教」の形成と展開―仏教青年たちのユースカルチャー を読む
テキスト:大谷栄一、『近代仏教という視座 戦争・アジア・社会主義』(ペリカン社、2012年、42頁ー70頁)
報告者:李佳鴻
内容: 今回の報告では、明治時における狭義の近代仏教の形成過程を紹介する上で、明治仏教の全体像、仏教とアジア認識についての内容も発表させていただきたいと思います。
主要参考文献:
1. 池田英俊『論集日本仏教史』(第8巻)雄山閣出版、 1987年
2. 吉田久一『日本近代仏教史研究』 川島書店 1992年
3. 岸本美緒『東洋学の磁場』岩波書店、2006年
4. 平川彰 『インド仏教史』(上)春秋社、2011年
5. 碧海寿広 『入門近代仏教思想』、筑摩書房、2016年
よろしくお願いいたします。

PageTop