日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

4月27日 例会予告2

(4月27日の例会報告は二人となっております)

議題:『近代仏教思想入門』を読む
テキスト:碧海寿広『近代仏教思想入門』筑摩書房、2016年
報告者:路剣虹

要旨:
 今回は、『近代仏教思想入門』をめぐって、近代仏教思想の展開を紹介し、そのうえで自分の近代仏教思想に対する考えを皆さんと検討したい。この著作は主に井上円了(1858-1919年)、清沢満之(1863-1903年)、近角常観(1870-1941年)、暁烏敏(1877-1954年)、倉田百三(1891-1943年)という五人をめぐって、日本近代仏教思想の展開を論じた。著者の研究によれば、この時期の仏教思想のキーワードは「哲学」と「教養」である。しかし、近代仏教思想への思索はこの一冊の著作を纏めて終わることではない。今学期他の資料やテキストへの勉強した上で、近代仏教思想について、より全面的に理解できる。

参考文献:
碧海寿広、『近代仏教思想入門』、2016年、筑摩書房。
大谷栄一、『近代仏教という視座 戦争・アジア・社会主義』、2012年、ペリカン社。
オリオン・クラウタウ編、『戦後歴史学と日本仏教』、2016年、法蔵館。
小川原正道、『日本の戦争と宗教 1899-1945』、2014年、講談社。
島薗進、『日本仏教の社会倫理――「正法」理念から考える』(第Ⅰ章、第Ⅵ章)、2013年、岩波書店。
林淳、「近代仏教の時期区分」、大谷栄一編『季刊日本思想史』七五号、2009年、ぺりかん社、3-11頁。

よろしくお願い致します。

PageTop