日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2017年1月12日 例会報告要旨

論題:「柳宗悦とシャルロット・ペリアンの共鳴 ―1941年のペリアンによる展覧会を中心に―」
報告者:後藤智絵

柳宗悦は旺盛な執筆活動の中で、〈民芸〉以外の工芸をことごとく辛辣に批評していた。本報告では、フランス人デザイナーであるシャルロット・ペリアンの日本における産業工芸の仕事を柳が高く評価したことに着目し、柳が認めたペリアンの仕事の概要をまとめ、柳とペリアンの共通項と二人の関係性を確認した。
 ペリアンは1940年に1年間の契約で、「工芸品意匠図案ノ改善」のために商工省貿易局から当時の大臣よりも高い月給で招聘された。日本の工芸品の改良のためには、日本の伝統を踏まえるべきであると考えるペリアンにとって、柳は最も日本の伝統に精通した人物として捉えられていた。柳は当時、民芸論の建立から20年以上を経ていて、日本民芸館の館長をしながら地方の工芸の振興に取り組んでいた。ペリアンは柳から日本の工芸の情報を得ながら、日本での任務の集大成である「ペリアン女子日本創作品展覧会 2601年住宅内部設備への一示唆 選択 伝統 創造」というタイトルの展覧会を開催した。本報告では、この展覧会の図録に収められたペリアンの解説や、展覧会批評を中心とした文献を取り上げて解読した。
 このことから、柳とペリアンにはいくつかの共通項があることを確認し、同時に、ペリアンは柳の民芸運動に対して実は注意深く距離をおいていた様子もみることができた。つまり、柳が民芸運動を通して、日本の美のあるべき姿という基準を創造しようとしていたことに対しては、同調していたとは言うことが出来ず、むしろ民芸運動の本丸はそこにあることが読み取れたのである。しかし本報告では、二人の齟齬よりも共鳴しているところに重点をおいた。なぜなら、日本の工芸が日本らしさを国内外から問われはじめたこの当時、少なくともその指導を任されたペリアンの目には最も注目に値する作品群として、柳が見出した〈民芸〉の領域が選ばれたことは揺るぎなく、ペリアンの展覧会は、二人の共鳴を示しているといえるからである。

文責 後藤智絵

PageTop