日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2017年1月12日例会予告

木曜(1月12日)の例会につき、岡山大学からお越しいただく後藤智絵さんがご報告します。
つきましては報告テーマと参考文献についてご連絡します。以下の通りです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

報告者
岡山大学後藤智絵さん

報告タイトル
「柳宗悦とシャルロット・ペリアンの共鳴について―1941年に開催されたペリアンによる展覧会を中心に―」

参考文献

・柳宗悦「日本民芸協会の提案」復刻版『月刊民藝・民藝』第4巻、不二出版、2008年
 初出:『月刊民藝』第2巻第10号、1940年10月

・柳宗悦・濱田庄司「ペリアンの展覧会をみて」復刻版『月刊民藝・民藝』第5巻、2008年
 初出:『月刊民藝』第3巻第3号、1941年4月
・「工芸座談会ペリアン女史創作品展について聴く」森仁史・梅宮弘光編、叢書・近代日本のデ ザイン68『論文選 昭和篇』ゆまに書房、2015年、292〜309頁
 初出:『工芸ニュース』第10巻第5号・第6号、1941年

・「第二回貿易局輸出工藝図案展覧会講評」森仁史・梅宮弘光編、叢書・近代日本のデザイン68『論文選 昭和篇』ゆまに書房、2015年、248〜266頁
 初出:柳宗理監修『輸出工芸』第6号、1941年

・シャルロット・ペリアンと日本研究会編『シャルロット・ペリアンと日本』鹿島出版会、2011年
以下省略

*例会終了後、懇親会を催す予定です。多くのご参加お願い申し上げます。

PageTop