日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

11月24日 例会予告

11月24日の報告は二人構成で行います。二人目の予告が以下となります。

論題:「近世伊勢神道の基礎的研究」
報告者:肖月
参考文献:
安蘇谷正彦『神道の生死観』ぺりかん社、1989年 
平泉隆房『中世伊勢神宮史の研究』吉川弘文館、2006年
土田健次郎編『近世儒学研究の方法と課題』汲古書院、2006年
樋口浩造『江戸の批判的系譜学 ナショナリズムの思想史』ぺりかん社、2009年
下川玲子『朱子学普遍と東アジアー日本・朝鮮・現代』ぺりかん社、2011年
高橋美由紀『神道思想史研究』ペりかん社、2013年
島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『神・儒・仏の時代』(2)春秋社、2014年
上野秀治編『近世の伊勢神宮と地域社会』岩田書院、2015年
中野敏三『書誌学談義 江戸の板本』岩波書店、2015年
ジョン・ブリーン編『変容する聖地・伊勢』思文閣出版、2016年
本村昌文『いまを生きる江戸思想』ぺりかん社、2016年

博論の構想を中心に報告する予定でよろしくお願いいたします。





PageTop