日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

10月13日 例会予告

論題 「文政大地震と如来教――〝その時〟に向き合う説教と予言がはずれるとき――」
報告者 石原和
参考文献
北原糸子『地震の社会史』(講談社、二〇〇〇年)
神田秀雄・浅野美和子編『如来教・一尊教団関係史料集成一―四巻』(清文堂、二〇〇三―〇九年)

PageTop