日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

7月14日 例会予告

報告一題名 「儒家的神話論の極北―鈴木貞斎『神代巻存疑』を読む―」
報告者 松川雅信
参考文献
荒木見悟「崎門学者鈴木貞斎について―一朱子学者の苦悩と転進―」『日本中国学会報』37集、1987年
清水則夫「鈴木貞斎の闇斎学派・仁斎批判と「心」の主張について」『日本思想史学』46号、2014年

報告二題名 「植民地期朝鮮『普通学校国史』教科書に見る日本書紀神代巻 ―1932・33年版を中心として―」
報告者 小谷稔
参考文献
磯田一雄『「皇国の姿」を追って ―教科書に見る植民地教育文化史』皓星社、1999年
旗田巍「朝鮮人児童に対する朝鮮総督府の歴史教育」旗田巍監修『日本は朝鮮で何を教えたか』所収、1987年、あゆみ出版
小沢有作「朝鮮における日本植民地教育の歴史」(同上)
参考史料
『普通学校国史 上下巻 児童用』、朝鮮総督府、1923年、復刻版(あゆみ出版、1985年)
『普通学校国史 第一巻』、朝鮮総督府、1932年、韓国国立中央図書館HP、(URL:http://viewer.nl.go.kr:8080/viewer/viewer.jsp、7月12日閲覧)
『普通学校国史 第二巻』、朝鮮総督府、1933年、韓国国立中央図書館HP、(URL:http://viewer.nl.go.kr:8080/viewer/viewer.jsp、7月12日閲覧)
手島繁雄『新制朝鮮普通学校国史教授書』、東京章華社版、1933年、韓国国立中央図書館HP、(URL:http://viewer.nl.go.kr:8080/viewer/viewer.jsp、7月12日閲覧)
『普通学校国史編纂趣意書』、1932年。復刻版(渡部学、阿部洋編『日本植民地教育政策史料集成(朝鮮篇)第19巻(中)』、1990年、龍渓書舎)

PageTop