日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

5月26日 報告および討論要旨

5月26日 日本思想史研究会例会 報告および討論要旨
 橘宏氏は「『日本書紀』における高皇産霊尊と天照大神の記述の検討」といった題目で報告した。報告においては、まず、高皇産霊尊と天照大神に関する解説を行った上で、『日本書紀』における高皇産霊尊と天照大神の記述の検討を行なった。本来の高皇産霊尊という皇祖神が天照大神という皇祖神へ交代する過程を明らかにした。
 『日本書紀』の本文では、高皇産霊尊が皇祖神であることを示しているが、登場場面が非常に少なく、ただ他の神々に命令を下したことを説明するだけにとどまっている。それに対し、天照大神がもと伊勢の地方神であり、天皇家とのつながりを持つようになったのは6世紀頃からであり、皇祖神とされるようになったのは、7世紀末からである。『日本書紀』第六、七段では、素戔嗚尊の高天原への乱入から石窟開きまで、天照大神の記述に関して大きな矛盾が生じている。高皇産霊尊と天照大神の記述の不整合が生じた原因は、皇祖神が完全に交代した時期ではなく、交代の過渡期に『日本書紀』が編纂されたことにある。
高皇産霊尊から天照大神への皇祖神交代はちょうど記紀が登場した時代であり、律令制が導入され朝廷が中央集権化を進めていた時期である。朝廷による諸豪族の統合の為に高皇産霊尊が不都合な存在である。一方、土着の太陽神である天照大神は豪族統合の為に適当であったものの、元が伊勢の地方神に過ぎなかったため、皇祖神とされた際に記述が不整合が生じた。
 質疑ではまず本報告が近代以前の神道に関する研究との関わりがあるかという質問が提起された。この質問に関して、近代以前は、記紀の神々の物語を観念として重視しており、例えば、「天壌無窮」の神勅や三種の神器が持つ政治的意味が強調されていると報告者が述べた。続いて、この『日本書紀』の神話に関する研究の意義が何かという質問が出たのに対し、報告者は、津田左右吉の研究以来、記紀に記された神々の物語が、皇室の由来と大和朝廷の統治権の正統性の歴史を語るものであり、神代の記述が非史実的な次元で価値を持っており、事実より解釈のほうがものとされたと答えた。

文責 楊世瑾

PageTop