日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

5月19日 報告および討論要旨

5月19日 日本思想史研究会例会 報告及び討論要旨

 今回の報告では、津田左右吉が大正前期に形作った神代史研究――『神代史の新しい研究』(1913)及び『古事記及び日本書紀の新研究』(1919)という二冊に集中されている――を取り上げ、その主な内容と研究手法の特徴について、日本近代歴史学の成立、とりわけ実証主義史学の流入・継承との関連で、戦後の津田左右吉に関する研究史の流れ、とりわけ家永三郎氏の労作『津田左右吉の思想史的研究』と関わった形で、津田の神代史研究の史学史的位置付けを検討した。質疑段階ではまず、なぜ津田についての研究史からその神代史研究の史学史的特徴を抽出するといった構成になっているかという問題が提起された。報告者は、報告の構成について再度説明を行った上で、あくまで記紀研究の門外的立場からアプローチし、ほぼ先行研究の説を参考するしかなかったと述べた。次に、報告で述べられた2000年以降の津田研究者、澤智恵氏の研究(2010)に見られた津田神代史の「神話学志向」分析について、大正期における比較宗教学の位相に関して答えを求められた。報告者はそれを今後の課題として勉強すると答えた。最後に、津田左右吉が『神代史の新しい研究』(1913)で用いた文献批判の方法、すなわち神代史を9つの「物語」に分け、その中の重要でない物語を排除し、核心となる物語だけを取り上げて分析するような手法は、極めて主観的、恣意的ではないかと質問された。報告者はそれはいわゆる実証主義史学における史料批判の特徴であり、のち批判される的ともなったと答えた。

文責 張琳

PageTop