日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

12月17日例会予告

皆さま

次回の例会は、12月17日(木)です。


一人目の報告者は、 高橋恭寛氏 です。

○論題○
 慎独から対算へ
   ―中江藤樹の修養論の展開―



             *    *    *

二人目の報告者は、 西田彰一氏 です。

○論題○
 終戦期における南原繁

○参考文献○
・『南原繁著作集』全10巻(岩波書店 1973年)
・A.E.バーシェイ(著)、宮川盛太郎(監訳)
 『南原繁と長谷川如是閑:国家と知識人・丸山真男の二人の師』
                 (ミネルヴァ書房 1995年)
・加藤節『南原繁:近代日本と知識人』(岩波新書 1997年)


皆さまのご参加をお待ちしております。

なお、2009年度後期は木曜日の17時半~
立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第2研究会室にて行っています。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
                                     (宇都宮)

PageTop