日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月19日 例会予告

報告題名 「津田左右吉における神代史研究の史学史的再検討」
報告者 張琳
参考文献
津田左右吉『津田左右吉全集』岩波書店、1963-1966
家永三郎『津田左右吉の思想史的研究』岩波書店、1972
新川登亀男・早川万年編『史料としての『日本書紀』 津田左右吉を読みなおす』勉誠出版、2011 
大井健輔『津田左右吉、大日本帝国との対決』勉誠出版、2015
など。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。