日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2016年1月21日 例会予告

報告題名 「中世の軍記物語における武士像の形成―『平家物語』と『太平記』を中心に」
報告者 于君(広島大学)
参考文献 
市古貞次校註・訳『平家物語』(①/②)小学館、1994年
兵藤裕己校註『太平記』(一)、岩波文庫、2014年
兵藤裕己校註『太平記』(二)、岩波文庫、2014年
兵藤裕己校註『太平記』(三)、岩波文庫、2015年
兵藤裕己校註『太平記』(四)、岩波文庫、2015年
山下宏明校註・訳『太平記』(三)、新潮社、1980年
山下宏明校註・訳『太平記』(四)、新潮社、1985年
山下宏明校註・訳『太平記』(五)、新潮社、1988年
石母田正『平家物語』岩波文庫、2010年、初版1957年
鈴木彰「戦争と文学」(小峯和明編『日本文学史』吉川弘文館、2014年、所収)
菅野覚明『武士道の逆襲』講談社現代新書、2004年
津田左右吉『文学に現はれたる我が国民思想の研究』(三)岩波文庫、1977年、初版1917年
板坂耀子『平家物語 あらすじで楽しむ源平の戦い』中公新書、2005年
兵藤裕己『太平記〈よみ〉の可能性 歴史という物語』講談社選書メチュ、1995年
相良亨『武士道』講談社学術文庫、2010年、初版1968年
武田昌憲「平重盛 『平家物語』の孝子説話」(『アジア遊学No112 特集 アジアの孝子物語』勉誠出版、2008年、所収)
櫻井庄太郎『恩と義理―社会学的研究』アサヒ社、1961年
和辻哲郎『日本倫理思想史』(二)、岩波書店、2011年、初版1952年
・池上英子著・森本醇訳『名誉と順応 サムライ精神の歴史社会学』NTT出版、2000年

PageTop