日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2015年12月10日 例会予告

報告題名:江戸時代における食養生ー『本朝食鑑』を中心に(仮)
報告者:向静静
参考文献:
酒井 シヅ『江戸の病と養生』講談社、2003
原田信男『江戸の料理史—料理本と料理文化』中央公論、1989
矢部一郎『江戸の本草—薬学と博物学』サイエンス社、1984
杉本つとむ『江戸の博物学者たち』講談社学術文庫、2006

よろしくお願いいたします。

向静静

PageTop