日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2015年7月2日例会報告要旨

本報告では、ホブズボーム『帝国の時代』(1、野口建彦・野口照子訳、みすず書房、1993年)第3・4章の要約を行った後、ホブズボームの帝国主義理解に関する所感を提示した。
第3章では、1880年から1914年の間は、それ以前にはなされてこなかった圧倒的な経済的・軍事的優位を有した(特に欧州の)資本主義諸国による公式の征服、併合、統治といった形の系統立った試みが現れ、世界の大半が欧米や日本といった一握りの国々の公式の統治もしくは非公式な政治的支配の下に分割される「帝国主義」という新しい形態が登場した時期であったとされた。また「西欧(および一八九〇年代以後の日本)の領土拡張が他の世界に与えた影響に関する問題および、宗主国にとって帝国主義の「帝国的」側面が持つ意味の問題」(本書103頁)について、前者は、帝国主義は経済的には宗主国と従属国との関係が著しく不均衡なものであり、また文化的現象としては従属国エリートに対して「西欧化」を与えるといったものがあると指摘する。後者については、ベル・エポックの眠りを妨げる悪夢として黄禍論、民主化といった問題が生じていたとする。
第4章については、「一八七〇年以後、国政の民主化が全く避けがたいものであることはますます明白になって」きた状況(本書121頁)であったが、1880年から1914年の間の民主政治の発展は、その永続性も、また世界的規模での勝利を示すものではなかったことが論じられていた。
所感としては、ホブズボームの帝国主義理解は依然として経済的要因にもとめるものであり、それ以外のファクターに冷淡ではないかという点、本書84頁のレーニン『帝国主義論』に対する註において、レーニンの理解は、帝国主義を最新段階とするものであり、古いものからの連続でも最高段階でもないというものであって、レーニン以後の理解の問題を指摘している点、そして1918年以後は自由主義的な立憲政治と代議制民主政治が後退をみせた時期であり、1945年以後にそれらは部分的に回復しているとする点に対して、ホブズボームにとって1918~45年はどういった時代であったかなどを挙げた。

文責:山口

PageTop