日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

思想・文化フォーラムー日中若手研究者交流セミナー

開催日時:3月14日(土)10:00~17:30
場所:岡山大学津島キャンパス・文法経1号館・2F会議室

【午前の部】10:00~12:00
司会進行:本村昌文(岡山大学)
10:00~10:05 開会
10:05~10:50 講演① 郭連友(北京日本学研究センター)
           「東アジアにおける『孟子』受容研究の可能性について」
10:50~11:00 休憩
11:00~11:45 講演② 高橋文博(就実大学)「武士の思想をめぐって」

12:00~13:15 お昼休み

【午後の部】
司会進行:高橋恭寛(東北大学)
13:15~13:45 研究発表① 竇兆鋭(岡山大学大学院)
13:45~14:15 研究発表② 程永超(名古屋大学大学院)
14:15~14:45 研究発表③ 程 茜(国際日本文化研究センター)
14:45~15:15 研究発表④ 清水則夫(明治大学)

14:45~15:00 休憩

15:00~17:30 ミニ・セッション「日本・中国における死と生の諸相」
報告① 小泉礼子(東北大学大学院)

報告② 王 鑫(北京日本学研究センター博士後期課程)
「天狗と不老不死観」
報告③ 島田雄一郎(東北大学大学院)

報告④ 李斌瑛(北京日本学研究センター博士後期課程)
「梁啓超における「群」の観念とその死生観」
      
司会:本村昌文

3月15日(日)11:00~17:00 研究打ち合わせ、情報交換、史料などの見学

主催:岡山大学大学院社会文化科学研究科哲学思想文化論講座
共催:科研費・基盤研究B「ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築」
平成26年度岡山大学大学院社会文化科学共同研究

PageTop