日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年9月25日例会討論要旨

本報告では、まず大国隆正の著作物の成立年代を、より詳細に明らかにしたうえで、報告に掲載すべきではないかという質問が寄せられた。次に、大国隆正が日本のことを評価することは、当時の国学者として当然のことではないかという質問があった。これについて報告者は、本報告では、大国隆正の言語論に注目したうえで、彼がどのように自説を正当化したのかを解明しようとした。つまり、日本をどのようなレトリックで評価しているのかに注目することに意味があったと述べた。最後に、結論で展開している近代知論批判は大変興味深い指摘であるので、報告の射程を広げるためにも、これを冒頭にもってきたほうがよいのではないかという、報告の論理構成についての質問があった。これに対して報告者は、指摘は一理あるが、本報告はあくまでも大国隆正研究であって、最後に近代知論批判の可能性を示唆するという、あくまで慎重な論理構成を取りたいと述べた。

文責:西田

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。