日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年9月25日例会報告要旨

本報告は、大国隆正における言語論をめぐる問題について思想史的な分析を行った。これまでの大国隆正という思想家が、幕末維新期における〈政治〉と〈宗教〉をめぐる問題を牽引した人物として議論の俎上に置かれていたこともあり、大国隆正が書いた言語論的テクストについては、内容自体も難しいためもあり、その思想的な無内容性について言及されることが多かった。本報告ではそのような事情を先行研究の検討から行い、そのうえで隆正における言語論的テクストが、〈古伝〉/〈古言〉/コスモロジーを貫く重層性を帯びたものであることを明らかにし、最後にその思想的帰結としての〈文字〉への固執性という問題に着目して、ナショナリズムをめぐる親和性との関係について言及を試みた。今回の例会ではとりわけ、先行研究をめぐる位置付けやテクストそのものがどのような〈時代性〉を帯びたものなのか、という点がやや不明瞭ではないかという指摘もいただき、いずれも示唆深いものであるため、その意味で研究としても改善の余地が残されていると報告者自身も考えている次第である。

文責:岩根

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。