日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年6月19日例会報告要旨

「村上重良と「民衆宗教」「新宗教」」という題で報告を行った。趣旨は、民衆宗教を研究する報告者の眼前に史料の発見者・翻刻者として、また「民衆宗教」概念を語り出した存在としてあり続ける村上重良において、「民衆宗教」あるいは「新宗教」という語がどのような問題意識から、どのように語られるかを『近代民衆宗教史の研究』(1957)/「幕末維新期の民衆宗教について」(『日本思想大系67 民衆宗教の思想』)(1971)/『新宗教』(1980)・『国家神道と民衆宗教』(1982)という彼の著作に注目し、約10年毎のスパンで区切って検討した。村上による「民衆宗教」研究を振り返り、彼の問題意識に立ち返ることにより、1990年代には停滞し、2000年代後半以降は、一時の隆盛と比較すればかなり見劣りがするけれども、さまざまな視野の研究によって息を吹き返しつつある(?)民衆宗教研究の現在地を把握し、今後の民衆宗教研究の可能性を考える一助とすることを目的とした。
村上は教団史・教義史中心であった宗教研究を講座派歴史学の理論に則って転倒させ、民衆宗教研究をおこした。1960年代に講座派歴史学の民衆像を批判しつつおこった民衆思想史研究と交差し、民衆宗教研究を学界に認知されるものとした。1970年代後半以降の現実性を帯びてきた国家神道(封建宗教)の復活を前にして、反動と前進性を強調する。この過程において、同じ事象について論じていても、言及を修正したり、強調点を変えたりしている、というのが読み比べの結論である。ただし、いかに村上の周辺の学問との関わりを考えるかは今後の課題として残った。

文責:石原和

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。