日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年4月24日例会山口報告討論要旨

今回の例会では、羽仁五郎班の第一回報告として、主に戦前期を岩根。戦後における羽仁史学の動向については山口が担当した。山口報告では、戦後日本における歴史学のなかで、羽仁史学をめぐる肯定的な評価として、「アウシュヴィッツ以前の思想文化と運動を清算的に批判したこと」という言及がなされてきたことを踏まえながら、戦後における羽仁史学のアプローチとして、ほぼ同時期に行われた「昭和史論争」に着目し、羽仁五郎における「歴史学」を再考しようとする試みであった。討論では、羽仁五郎がアウシュヴィッツに関する問題に積極的に発言したのか、という基本的な事実確認がなされた。その上で内容に関して踏み込んだ質疑応答へと移り、羽仁五郎において、アウシュヴィッツをめぐるヒューマニズム批判は、ある程度戦前期の羽仁史学を踏まえたものであり、その点に関して史学史的な文脈から、構造的な把握ができるのではないか、という質問がなされた。また、アウシュヴィッツの問題だけで昭和史論争を捉えていいのか、という疑問も呈された。さらに、質疑は「マルクス主義歴史学」そのものが、歴史の問題をめぐり、理論と実践を一体化したものと考えていたことを指摘したうえで、マルクス主義歴史学者の多くが、いわゆる「官学アカデミズム」とは距離を置くような立ち位置にあり続けたことをいかに考えるのか、という問題提起もなされた。

文責:岩根卓史

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。