日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2013年12月19日例会討論要旨

今回は、殷暁星氏による「中国聖諭と江戸の『教育改革」」という題で報告がなされた。

質疑においては、まず「六諭」だけでなく「聖諭」も江戸時代に影響力を及ぼしていたという報告者の想定について、「何をもって影響力があったとするか」という質問がなされた。報告者は、清の康熙帝や雍正帝には「全国一統」の考えが見受けられ、ほぼ同様の発想が寛政期の江戸思想にも見られると答えた。

また、なぜ教訓の対象が農民であるのか」という質問がなされた。「なぜ教訓の対象が農民であるのか」に関して、報告者は一揆などの「危機」があると答えたが、先行研究との差異化をどのように行うかという課題も提示された。また、課題については、「中国聖諭」と徳川日本の思想状況を比較するという本報告のトランスナショナルな視座はきわめて有用だが、寛政正学派に言及する以上は、「ポスト徂徠」という視座も必要であるということも指摘された。

その他にも課題は挙げられたが、報告自体が過渡的なものであるので、その都度応えていきたいと報告者が答え、討論を終えた。

文責:田中俊亮

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。