日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新年度会長のご挨拶と今後の日程につきまして

関西学院大学の富山仁貴です。平素よりお世話になっております。

この度、日本思想史研究会の会長を担当することになりましたので、ご挨拶いたします。


【ご挨拶】

さて、既にご存知の方もいらっしゃるかとは存じますが、簡単に自己紹介をします。

私の専門は日本近現代史・社会運動史で、戦後京都における教員組合運動の研究をしています。また、戦後の知識人や史学史についても勉強しております。

学部生時代は立命館大学に在籍し、前会長の松川さんと同学年でした。

現在は、関西学院大学の新M3で、2014年度に修士論文の提出を目指して研究に取り組んでいます。

立命外の者が会長の重責を担当すると言うことで、色々と皆さんのお手を煩わせることがあるかとは思いますが、伝統あるこの研究会を精一杯頑張ってゆきたいと思います。

何卒、よろしくお願いします。

【当面の日程】

3月31日(月) 花見の会

 ……詳細は後日にまたご連絡します。

 急な連絡となって申し訳ありませんが、ぜひご参加下さい。


4月3日(木) 運営会議

 ……新年度の運営方針について相談します。

4月10日(木) 新歓講演会

文責:富山仁貴

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。