日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2014年1月16日例会高橋氏報告要旨

【題目】 蟹養斎における『小学』の位置

 本報告では、闇斎学派の儒者・蟹養斎(1705~78)が、「朱子学」入門書である『小学』をどのように活用したのかという〈初学教育〉論に注目することで、蟹養斎における『小学』の位置付けを明らかにすることを試みた。
 朱熹の『小学』は、江戸期において必ずしも「入門書」の位置にはなかった。ただこの『小学』から「朱子学」を学ぶことに重視したのが闇斎学派である。そのなかでも蟹養斎は、『小学』を童子が読むべき入門書としてではなく、庶民一般に向けた教育書として自らの「教育課程」に組み込んだ。次段階で読むべき『大学』の前提として、たとえ大人であっても理解せねばならない書物として『小学』を位置づけようとしていた。養斎は、『小学』を『大学』を理解する前提として『大学』の段階で学ぶべき〈道理〉などを粗々掴む書であると捉えていたのである。
 養斎が『小学』をこのような入学書の位置付けをしていたのは、初学者が手間取ることなく学び、行い得るものではないことを理解していた事に拠るだろう。はじめから「志」ある者は稀なので、明確で揺るがない「志」を立てることは、逆に大きな「志」を立てることを損ねることになることを養斎は理解していた。そのため養斎は『小学』に対して、粗々「道理」を掴み、それを心身に「染みこませる」ような在り方を求めたのであった。
 このような『小学』の位置付け方や、その背後にある初学者に対する養斎の視線は、養斎が必ずしも学問への志を高く奉じて学問へと向かっていた学習者のみに囲まれていた訳では無かったことを示唆する。学問へと触れる人口が増加するに従って学習者を如何に学問へと着手してゆくのか、という課題に自覚的となっていたことが窺えるのではなかろうか。

文責:高橋恭寛

PageTop