日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2013年12月19日報告要旨

12月19日例会において、「中国聖諭と江戸の「教育改革」」という題で報告した。

明王朝の聖諭「六諭」と清王朝の聖諭「康熙十六諭」を中心に、中国皇帝の聖諭はどのように徳川日本で説かれたのか、それが寛政異学の禁と、どのような関係があるのか、について検討した。『聖諭広訓』の和刻過程を明らかにし、懐徳堂における本書の講釈から、本書に対する中井竹山はじめとした懐徳堂知識人たちの捉え方を解明した。そして朱子学正学派学者は中国聖諭に語った教化観・学校論などを共有したことを証明し、「六諭」「康熙十六諭」関係書の思想の寛政期における「教育改革」への影響を解明した。

文責:殷暁星

PageTop