日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

12月5日例会予告

今週の例会について、お知らせします。

論題:近世伊勢信仰の研究について

報告者:肖月


おもに伊勢信仰研究の流れ、問題点を取り上げ、また今後の見通しについて話させていただきます。

参考文献は以下の通りです。

西垣晴次『お伊勢参り』、岩波新書、二〇一三年

―――『神々と民衆運動』、毎日新聞社、一九七七年

―――『ええじゃないか―民衆運動の系譜』、新人物往来社、一九七三年

西垣晴次編『伊勢信仰Ⅱ』、雄山阁、一九八八年

深谷克己『民衆運動と為政』、校倉書房、二〇一〇年

―――『近世の国家・社会と天皇』、校倉書房、一九九一年

深谷克己・薮田貫く編『展望日本歴史15近世社会』、東京堂出版、二〇〇四年

よろしくお願いします。

PageTop