日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

10月17日例会討論要旨

報告ののち、内容確認として報告中に登場する津田真道、西周、稲葉正邦の慶喜政権下での位置づけについての質問が出た。
報告の先行研究との位置付けとして、従来の京坂政権を将軍・朝廷・藩の議論による国是体制と捉える図式との違いについての質問が出た。これに対しては、一方で江戸には先例により政策を決定する体制が残っており、これも無視できないものであり、時局の中で政権のありかたを問うのではなく、近世の公権力として問わねばならない、そして合議制と先例体制が同時に存在することは、近代にもつながる問題であるという捉え方を提示した。
個々の内容について、①京坂政権における大坂の位置付けについて、②慶喜が大政奉還によって、どのように政権構想の課題を乗り越えようとしたのか、③西周らの政権構想のもとになるものは何だったのか、④徳川政権下において、豊臣政権が理想化された意味は何だったのかという点につき、質問が出た。①については、天皇が京都にいるため、京都が基本となるが、西周は、公家の力を抑えるため、大坂を主張したと答えた。②については、大政奉還は諸藩による合議制への移行をめざす中で出された案であり、近代へ課題は持ち越されたと答えた。③については、留学経験や福澤の万国体制論、西欧の状況が関わる、また稲葉正邦においては、両関白制の考えももとになっていたと答えた。④については、徳川政権が都合のいいように、先例とした、例えば、豊臣政権が国書の問題につき、朝廷の判断を突っぱねた先例であり、また、政治的には五大老(=諸藩による合議制)や外様の政治参加の先例とされたと答えた。

文責:石原

PageTop