日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

6月27日例会宮本報告要旨

本稿は、ベトナム戦争の最中、1967年に書かれたものである。日本と中国における「革命」概念の違いを「革命」の変遷と意義の違いを指摘し、日中国交について妨げになっている「誤解」を解き、日本が中国の「革命」に対し「責任」ある行動をとることを求めるものである。当時の中国を取り巻く国際環境と文化大革命という状況の中、竹内は日本の政治的立場を認識し、中国の現状を何者かのフィルターを通して見ることに警鐘をならし、中国と「連帯」を求める。さらに竹内は、「革命」的な「うけつぐべき伝統」が中国にはあり、第二次大戦後の「国際独占資本からの解放の問題」として中国の「革命」は評価でき、「連帯」出来る存在と主張する。しかし、竹内が「中国」という政体と伝統を語るとき、「漢民族」という1つの民族しか出てこず、民間での日中間の交流を「裏口営業」としか評価できない。それが彼の限界であった。ただし、竹内にとって「中国」の近代とは何度もやり直しがきくもので、当事者がコースを選択できるものである。彼の「近代」概念の特徴もここにあったのではないか。

文責:宮本 敦恒

PageTop