日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第15回洛北史学学会大会のお知らせ

上記の件についてご連絡が来ましたので、お知らせします。

洛北史学会公式サイト
http://www2.kpu.ac.jp/letters/hist_studies/rakuhoku/meetings.htm

第15回洛北史学会大会


【テーマ】 近現代都市開発像の諸相
―権力・空間・都市住民―  
→趣旨説明はこちら
【日程】
2013年6月1日(土)13:30~
【報告者と題目】
光永雅明氏(神戸市外国語大学英米学科教授)
「19世紀末のロンドンにおけるオープン・スペースの整備と都市住民
―ミース伯爵と首都公共庭園協会の活動を手がかりに―」(仮)

加藤政洋氏(立命館大学文学部准教授)
「戦後沖縄の基地周辺における都市開発
―コザ・ビジネスセンター構想と《八重島》をめぐって―」
【コメント】 中川 理氏
(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授)
宗田好史氏
(京都府立大学生命環境学部環境デザイン学科教授)
【会場】 京都府立大学 合同講義棟 3階第7講義室

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。