日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2013年度前期例会共通テーマについて

昨日、研究会のメンバーと話し合いをしまして、

2013年度前期例会の共通テーマは、

「竹内好を読む」に決まりました。

今回は、グループ報告という形をとらず、

竹内好の各論考で各自が興味関心のあるものを選んで報告するという体裁を取ります。

詳細は、4月11日(木)の例会にて日程等を決めたいと思います。

また、4月18日(木)の例会報告につきましては、

風間健氏(文学部四回生)が竹内好の業績などを紹介する報告を行います。

候補作につきましては、

下記の本が主なものになると思います。


日本とアジア (ちくま学芸文庫)日本とアジア (ちくま学芸文庫)
(1993/11)
竹内 好

商品詳細を見る



竹内好セレクションI 日本への/からのまなざし (〈戦後思想〉を読み直す)竹内好セレクションI 日本への/からのまなざし (〈戦後思想〉を読み直す)
(2006/12/01)
竹内 好、丸川 哲史 他

商品詳細を見る



竹内好セレクションII アジアへの/からのまなざし (〈戦後思想〉を読み直す)竹内好セレクションII アジアへの/からのまなざし (〈戦後思想〉を読み直す)
(2006/12/01)
竹内 好、丸川 哲史 他

商品詳細を見る


PageTop