日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月1日例会討論要旨

今回は、王夢如氏により、明治初期における啓蒙思想家の宗教に対しての認識と、中村敬宇の受容したキリスト教理解についての報告がなされた。

質疑応答・議論では、まず、報告中に出てきた「三位一体」の説明と、使用の意味が求められた。これについて、報告者は、中村が「天」を強調するために、使用したものの、キリスト教の制度には関心が無かったことを指摘している。

続いて、報告中に触れられた『天道遡原』の説明と、その書物が日本や中村に与えた影響について議論がなされた。さらに、この議論に関連して、中村に関する史料で、キリスト教に言及しているものについて問われ、中村のキリスト教に関する認識といった議論に発展した。この議論の過程で、儒教で使われる用語も多用されていることが回答された。

また、中村の「敬天愛人」が生まれた経緯が議論され、「敬天愛人」の形成におけるキリスト教の影響力や儒教との関連性も俎上に載せられた。そして、この議論の延長上で、報告者が「敬天愛人」に着目した契機も問われ、中村の中国観の話にまで及んだ。

 ほかに、中村の著作で使われる用語が統一していないことから、キリスト教の影響について問われた。これについて、中村は信者ではなく、キリスト教を西洋の儒教とみなしているというレスポンスがあった。

文責:坂元宏之

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。