日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

10月25日例会討論要旨

今回は、赤間宏貴氏によって「考古学からみる近世の食生活」の報告がなされた。主として、近世の食をより立体的にみていくために考古学、とりわけ骨から栄養について考察した報告であった。

 討論では、まず、「眼窩篩にみる各時代の栄養」において、「個体数の違いや栄養不足でも縄文時代より長生きられた環境と考えられる江戸時代とを比較して江戸より栄養のよい縄文人ということはできないだろう」という考えは面白くて適切である、と評価された。さらに、報告者は、時代背景の違う比較より、江戸時代の食べ物と病気の関係や、都市部と農村部の栄養格差などの面から、自らの研究を進めていこうと、補足した。そして、江戸時代に肉食忌避の思想が庶民層まで徹底した原因が何かという質問がなされた。これに対し報告者は、血が汚れものとされる「穢れ意識」が存在していたから、そのような思想はだんだん上層から下層へと広げていった。江戸時代の人々は牛肉や豚肉をあまり食べずに、そのかわりに魚などからタンパク質を取る。それで、献立では魚の料理が多い、と回答した。

 全体的に専門性の高い報告であったが、種々の分野を専攻する参加者から、様々な意見が出されたという点において、有意義な例会であった。



文責:王夢如

PageTop