日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

7月5日例会報告要旨

7月5日例会の報告要旨について、お知らせします。

【報告要旨】

今回は、丸山眞男「歴史意識の「古層」」について報告を行なった。報告の流れは、論文の要約を中心に行ない、そこに補論を付け加えている。
補論では、議論に入る前段階として、丸山が東大定年退職後に書いた最初の論文であることを触れた。また、「歴史意識の「古層」」の初出時に同じ雑誌に掲載された加藤周一との対話である「歴史意識と文化のパターン」の内容も触れ、論文の書かれた背景の考察を試みた。

文責:坂元宏之

PageTop