日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

10月19日 例会予告


論題:[博士論文構想]近世後期日朝相互認識の研究
報告者:松本智也
内容:現時点での見通しの段階ではあるが博士論文の構想・概要について章立てを提示して説明し、今後予定している作業についての展望も加えて報告する。

以上宜しくお願い致します。

 
PageTop

10月5日例会予告

議題:「日用云為神道の妙理ニあらすといふことなし」-龍煕近の「神」と「神道」
報告者:蕭 月

参考文献:
西川順土校『神道大系 論説編六 伊勢神道(中)』、1988年
陳淳『北溪字義』中華書局、1983年
土田健次郎『江戸の朱子学』筑摩書房、2014年
高田真治・後藤基巳訳『易経(下)』岩波書店、1969年
黒住真『近世日本社会と儒教』ぺりかん社、2003年
向世陵「論朱熹的心之本体与未発已発説」(中国語(『湖南大学学報』(社会科学版)、26-1、2012年
斎藤英喜『荒ぶるスサノヲ、七変化<中世神話>の世界』吉川弘文館、2012年
『朱子語類』第一冊、中華書局、1986年
溝口雄三『中国思想のエッセンス」岩波書店、2011年
溝口雄三編『中国思想史』東京大学出版会、2007年

よろしくお願いいたします。
PageTop