日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月29日 例会予告

今週の例会について以下のように予告いたします。

論題:羅山・貞徳『儒仏問答』を読む

史料: 「問答第七件 儒仏盗用相似論」(添付ファイルにご参照ください)
(大桑斉・前田一郎編『羅山・貞徳『儒仏問答』註解と研究』ぺりかん社、2006年)

報告者:石運

要旨:
本書は儒仏を主題とした林羅山と松永貞徳との対話が書簡の形で記録されたものである。両者における論争は合わせて十九件であるが、今回の報告ではその中の第七件、「儒仏盗用相似論」を取り上げる予定である。この一件について、前半では、羅山は儒仏の説の相似性の原因を、「仏書の盗み入り」と述べ、その見解と疑問を貞徳に投げ出した。後半は貞徳がそれに対する反論である。
報告は、まず史料について簡略に紹介をし、その後参加者とともに読み合わせを行い史料の現代語訳の校正に入る。その後、史料の解説を行いながら、羅山の排仏論の位置付けについて少し考察を行う。またその延長として、近世中期の儒者における排仏論についても少し触れる予定である。
 
以上で宜しくお願い致します。
 

スポンサーサイト

PageTop

6月22日 例会報告

題目:覚書:李能和『朝鮮仏教通史』からみる朝鮮仏教

報告者:朴海仙

報告要旨
李能和の『朝鮮仏教通史』(1918)は、古代から1916年に到るまでの韓国仏教史を
記述した労作であり、韓国最初の仏教史料集である。しかしながら、朝鮮史編集委員会などの履歴から李能和に烙印された親日のイメージと、漢文体に書かれたテキストの解読における難解さなどが相まって、本史料集に関する検討が十分なされたとは言い難い現状である。
本報告では以上を踏まえながらも、特にこの史料集でもっとも多き分量をなす朝鮮仏教の叙述を紹介し、その特色を捉えることを試みとする。

宜しくお願い致します。
PageTop

6月15日 例会予告

論題:

「大我『三彝訓』を読む」

講読史料:

大我『三彝訓』(『日本思想大系57 近世佛教の思想』岩波書店、1973年)

報告者:松本智也

要旨:

本報告は大我『三彝訓』(1758年)の史料講読である。講読に先立ち『三彝訓』の著者、該史料成立期の社会背景を踏まえてから該史料の構成を一瞥する。その上で該史料の一部分を抄出して参加者とともに読み合わせを行い史料解釈の議論に入る。講読箇所として17頁7行目〜18頁10行目(儒道論)、21頁9行目〜22頁13行目(仏道論)、27頁6行目〜31頁4行目(神道論、三道鼎立論)を指定する。18世紀中後期の仏教者がどのような論理で儒・仏・神三道について議論しているのかを史料に即して検討することを本報告の課題とする。



よろしくお願いします。
PageTop

7月1日 東アジア史学思想史研究会 講演会案内

テーマ:日本史学史を問う――岐路に立つ歴史学の行方
講演:① 戸邉秀明(東京経済大学 教授)
      「史学史の可能性と課題――近現代日本史学史の動向から考える」
    ②田中聡(立命館大学 教授)
     「最近の古代史研究の動向について」
コメンテーター: 吉田武弘(立命館大学)
           富山仁貴(関西学院大学)
日時:2017年7月1日(土)14時~17時
会場:立命館大学衣笠キャンパス 学而館201号室
参加費:無料(事前予約不要)
主催:東アジア史学思想史研究会


皆さまのご参加をお待ちしております。
PageTop

6月8日 例会予告

議題:「対治邪執論」の現代日本語訳と解説・考察
報告者:張振康(大阪市立大学文学研究科東洋史学専修)
課題史料:「対治邪執論」(海老沢有道ほか校注『日本思想大系25 キリシタン書排耶書』岩波書店、1970年、pp492-502)

要旨:臨済宗妙心寺派の僧である雪窓宗崔は幕府の要請により、正保四年(1647)に長崎興福寺でキリシタン破斥の説法(「興福寺筆記」)を行い、翌年(1648)に「対治邪執論」を著述した。今回の報告では、仏教の立場からキリシタン宗門の排撃を意図して執筆された「対治邪執論」という史料を現代日本語に翻訳・解説を行う。そのうえで、「対治邪執論」の成立した時代的背景を踏まえ、近世日本において仏教的立場に立つキリスト教批判の言説を雪窓宗崔の議論から考察する。

参考文献:

加藤均「近世日本における仏教者のキリスト教理解 : 鈴木正三と雪窓宗崔の排耶書比較を中心にして」『日本語・日本文化』大阪大学日本語日本文化教育センター、2013-03、pp55-64。

西村玲「近世仏教におけるキリシタン批判――雪窓宗崔を中心に」『日本思想史学』(43)、2011、pp79-94。

「キリシタン時代切支丹批判書――雪窓宗崔の『対治邪執論』と『興福寺筆記』を中心に(キリシタン文化と日欧交流)――(キリシタンと近世社会)」『アジア遊学』(127)、2009-11、pp172-180。

高神信也「江戸初期の排耶書について――林羅山と雪窓宗崔を中心として」『哲学年誌』(8)、2002-03、pp39-48。

大桑斉『史料研究雪窓宗崔:禅と国家とキリシタン』同朋舎出版、1984年。

以上でよろしくお願いいたします。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。