日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2016年度日本思想史研究会合宿

本年度の思想史研究会合宿について

日程:9月18日~20日(二泊三日)
行先:三重県松坂市、伊勢市、新宮市(宿泊)
行事予定:
9月18日 本居宣長記念館旧宅(鈴屋)見学、神宮徴古館・農業館・美術館見学
9月19日 研究報告会及び懇親会
9月20日 熊野速玉大社及び神寳館見学・熊野古道散策、皇学館大学神道博物館見学、京都到着後解散

 本年度の研究報告会につきましては、個人研究報告(3名)及び書評報告(3名)を予定しております。研究会の時間割は以下の通りです。

●午前 個人研究報告会(40分体制、報告30分・質疑10分)
司会:殷曉星(立命・PD)

9:30~10:10 松川雅信(立命・D3)「近世農村の儒礼――上総道学に即して――」
10:15~10:55 富山仁貴(関学・D2)「現代の帝国主義論のための覚書――レーニン『帝国主義』100周年に向た若干の試論」
11:00~11:40 楊世瑾(立命・M2)「丸山真男の思想史研究の方法論の背景――いわゆるマルクス主義との関係を中心に」

●午後 羽田正編『グローバルヒストリーと東アジア史』(東京大学出版会、2016年)書評・勉強会(30分体制、報告20分・質疑10分)
司会:石原和(立命・D5)

13:30~13:40 肖月(立命・D2)「趣旨説明」
13:40~14:10 山口一樹(立命・D3)「中島隆博「東アジア近代哲学における条件付けられた普遍性と世界史」」
14:15~14:45 張琳(立命・D3)「フェデリコ・マルコン「思想の世界史は可能か」」
14:50~15:20 松本智也(立命・D2)「王振忠「東アジアを視野に入れた中国地域社会の研究」」

 以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

広報:張琳
PageTop