日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

『日本思想史研究会会報』第31号

【巻頭言】 

高橋文博:近代日本の思想を考えるー西村茂樹に即してー

【特集】 会報三〇号発刊記念シンポジウム:トランス・ナショナルな思想史の探究

見城悌治:一九三〇~四〇年代における日本社会と中国留学生の文化的交流・軋轢

肖琨:「陰隲」と「感応」ー近世善書の世界ー

武知正晃:現代台湾における文化財保存をめぐる諸問題ー日本時代末期の防空壕の保存をめぐる言説を中心にー

【論文】

金津日出美:帝国の情報空間と移動する人びとー雑誌『朝鮮及満州』一問一答欄にみる多方向的情報交換ー

李ヘ(日へんに亥)鎮:柳川一件と流芳院送使ー宗氏と柳川氏との争いにおける一つの素材としてー

李月珊:中村惕斎と元禄期の儒教儀礼ー釈菜儀節・孔子像にみられる「礼文」と「人情」ー

齋藤公太:神器と正統―闇斎学派の南朝正統論ー

岩根卓史:大国隆正における〈古言〉論ー「言葉は後より出てきたるものと知られたり」ー

【書評】

安田歩:大田壮一郎著『室町幕府の政治と宗教』

田中俊亮:奈良勝司著『明治維新と世界認識体系』

朴海仙:武内房司編『戦争・災害と近代東アジアの民衆宗教』


PageTop

『日本思想史研究会』第31号刊行のお知らせ

このたび、『日本思想史研究会会報』最新号になる、第31号を刊行致しましたので、お知らせ致します。今後とも本研究会におきまして、温かいご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。目次は下記の通りです。

〈目次〉

【巻頭言】 

高橋文博:近代日本の思想を考えるー西村茂樹に即してー

【特集】 会報三〇号発刊記念シンポジウム:トランス・ナショナルな思想史の探究

見城悌治:一九三〇~四〇年代における日本社会と中国留学生の文化的交流・軋轢

肖琨:「陰隲」と「感応」ー近世善書の世界ー

武知正晃:現代台湾における文化財保存をめぐる諸問題ー日本時代末期の防空壕の保存をめぐる言説を中心にー

【論文】

金津日出美:帝国の情報空間と移動する人びとー雑誌『朝鮮及満州』一問一答欄にみる多方向的情報交換ー

李ヘ(日へんに亥)鎮:柳川一件と流芳院送使ー宗氏と柳川氏との争いにおける一つの素材としてー

李月珊:中村惕斎と元禄期の儒教儀礼ー釈菜儀節・孔子像にみられる「礼文」と「人情」ー

齋藤公太:神器と正統―闇斎学派の南朝正統論ー

岩根卓史:大国隆正における〈古言〉論ー「言葉は後より出てきたるものと知られたり」ー

【書評】

安田歩:大田壮一郎著『室町幕府の政治と宗教』

田中俊亮:奈良勝司著『明治維新と世界認識体系』

朴海仙:武内房司編『戦争・災害と近代東アジアの民衆宗教』
PageTop