日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2015年1月29日例会報告要旨

本発表は山鹿素行の教化論を下層武士である「兵民」教育から明らかにしたものである。素行の教化論は、近世武士道論研究にせよ儒学研究にせよ、上層武士の「大丈夫」を中心に検討され、三民観については時に「愚民観」とも規定されていた。しかし素行のいう「武士」は「大丈夫」に限られず、主君に仕えて足軽に諸役を命じる「仕官の輩」も想定されており、一元化できるわけではない。
また「大丈夫」・「仕官の輩」に仕える僕隷も、兵卒として訓練するよう指南された。彼らは農民から選ばれ仕官に励む、半農半兵たる「兵民」を指す。素行は日雇の僕隷雇用を嘆いて「仕官の奉公につかしめ民に兵の法を示す、是民兵のことはりにもなるべきなり」と、農民教化を想定しつつ、主君に対する忠を実践する兵卒の働きを期待していた。この意味において宮崎道生が指摘した素行の反農兵論は成り立たず「上天子より下庶人に至り、天下より一家に至るまで」武備の必要性を説いた「武」の内実から問い直さねばならない。かかる「武」の枠組みでいえば、素行の場合、三民の武士登用も否定したわけではなかった。例えば素行は民間の中で優秀な者がいれば、検使を巡察した上での官職登用も認めていた。政治的主体性を持つ「大丈夫」と三民はともかく、素行の中で「武士」と三民との間における厳然とした区別はなかったのである。
山鹿素行の士道論は、これまで戦国的遺風を備えた武士道と対峙する形で「儒教的」と評される機会が多かった。しかし教化論の観点からいえば、その士道論は「兵民」をも取り込んだ教訓として見るべきであって「儒教的士道論」のみで説明できるわけではない。素行の学問が同世代のみならず、兵学を中心に後世まで続いた一背景として、広範囲な教育の必要性を施した「兵民」育成論は改めて検討すべき課題だろう。


PageTop

思想・文化フォーラムー日中若手研究者交流セミナー

開催日時:3月14日(土)10:00~17:30
場所:岡山大学津島キャンパス・文法経1号館・2F会議室

【午前の部】10:00~12:00
司会進行:本村昌文(岡山大学)
10:00~10:05 開会
10:05~10:50 講演① 郭連友(北京日本学研究センター)
           「東アジアにおける『孟子』受容研究の可能性について」
10:50~11:00 休憩
11:00~11:45 講演② 高橋文博(就実大学)「武士の思想をめぐって」

12:00~13:15 お昼休み

【午後の部】
司会進行:高橋恭寛(東北大学)
13:15~13:45 研究発表① 竇兆鋭(岡山大学大学院)
13:45~14:15 研究発表② 程永超(名古屋大学大学院)
14:15~14:45 研究発表③ 程 茜(国際日本文化研究センター)
14:45~15:15 研究発表④ 清水則夫(明治大学)

14:45~15:00 休憩

15:00~17:30 ミニ・セッション「日本・中国における死と生の諸相」
報告① 小泉礼子(東北大学大学院)

報告② 王 鑫(北京日本学研究センター博士後期課程)
「天狗と不老不死観」
報告③ 島田雄一郎(東北大学大学院)

報告④ 李斌瑛(北京日本学研究センター博士後期課程)
「梁啓超における「群」の観念とその死生観」
      
司会:本村昌文

3月15日(日)11:00~17:00 研究打ち合わせ、情報交換、史料などの見学

主催:岡山大学大学院社会文化科学研究科哲学思想文化論講座
共催:科研費・基盤研究B「ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築」
平成26年度岡山大学大学院社会文化科学共同研究
PageTop

〈帝国と思想〉研究会のご案内

拝啓 時下ますますご清祥のことと拝察いたします。

長らく休眠状態にあった〈帝国と思想〉研究会を再開し,下記の要領で再建第1回の研究会を開催する運びとなりました。奮ってご参加いただけましたら幸いです。

なお,初日の企画は,ソウル大の趙寛子さんが大阪大学に滞在なさるのと連動した企画で,大阪大学大学院文学研究科グローバル日本研究クラスターとの共催となります。2日目には,本会休眠中に刊行された会員の著書を取り上げて合評会を行い,あらためて問題意識のすりあわせと情報の共有を図ります。あわせて,今後の活動の方向性についてもご相談できればと考えています。
研究会の再出発に際し,なるべく多くの方にご参集いただければと思います。よろしくお願いいたします。          (再建第1回研究会事務局・宇野田尚哉)

1日目
日時:2015年2月21日(土) 13:00~17:00
場所:大阪大学豊中キャンパス内 待兼山会館2
最寄駅は,阪急宝塚線石橋駅もしくは大阪モノレール柴原駅(徒歩15分)

テーマ:可能性としての東アジア思想史

趣旨説明 宇野田尚哉さん

報 告 ① 趙寛子さん「日韓における「抵抗」民族主義:定言命令とイロニー」

報 告 ② 洪宗郁さん「南北朝鮮の植民地半封建論について:
『梶村秀樹の内在的発展論を読みなおす』(韓国語)の紹介をかねて」

報 告 ② 周雨霏さん“The Controversy on China’s Social History” from a transnational Point of View: Intermediaries, Translations and Networks

*終了後,趙寛子さんの歓迎会を兼ねた懇親会を予定しています。
PageTop

公開ワークショップ「日韓の境界を越えてー帝国日本への対し方」

立命館大学コリア研究センターからお知らせです。
依頼により、次のとおり関連行事のご案内をいたします。

ご関心おありの方は奮ってご参加ください。

公開ワークショップ

日韓の境界を越えて~帝国日本への対し方~

「帝国日本」の崩壊は、帝国のひずみの解消とはならなかった。「帝国日本」が生み出した負の遺産は、「帝国崩壊」後にさらなるあとくされを残したのである。いまこそ「帝国日本」の責任継承者としての日本国、「帝国日本」によって植民地化された過去を持つ大韓民国は、この過去に対して、どう向きあっていくべきなのか。
『帝国日本の閾』(岩波書店)の金杭さん、昨年『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)を刊行された朴裕河さんを迎えて、これからの知的協働の可能性について考える。

第1回:2015年2月12日(木)15:00-17:30
〈帝国日本の擬人法〉

場所:末川記念会館第3会議室

司会:西成彦(立命館大学)
パネラー:金杭(延世大学校)、 沈煕燦(立命館大学専門研究員)、原佑介(日本学術振興会特別研究員)


第2回:2015年2月22日(日)14:30-18:30
〈「帝国の慰安婦」という問いの射程〉

場所:衣笠キャンパス以学館1号ホール


司会:西成彦(立命館大学)
パネラー:朴裕河(世宗大学校)、平井和子(一橋大学)、森岡正博(大阪府立大学)、上野千鶴子(立命館大学)

主催:科研費基盤研究(C)比較植民地文学研究の基盤整備(研究代表者:西成彦)
共催:国際言語文化研究所


PageTop