日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2014年11月13日例会報告要旨

 前期の報告では、1930年代から敗戦に至るまで、ジャーナリスト・評論家長谷川如是閑が構築した日本文化論を、彼の著作――『日本的性格』(1938)と『続日本的性格』(1942)という二冊を中心に分析してみた。同時代知識人の言説や、こういった「文化論」言説自体の時代性、史的・社会的変動との関連の弱さなどの問題は指摘され、今回改めて、より長いタイムスパンで、時代の流れと関連しつつ如是閑の論考を考察してみた。具体的に、前期の報告を踏まえた上で、1919年大山郁夫、河上肇らとともに『我等』雑誌を創刊してから、1934年『月刊批判』(1930年『我等』より改名)雑誌廃刊するまで、いわゆる如是閑が最も「ラディカルな時代」においての論考を加え、「大正・昭和前期」というスパンで如是閑の「アジア観」へ考察した。また、雑誌同人の大山郁夫や、吉野作造の論考と対照しつつ検討する方針であったが、時間の制限で今回の報告では如是閑の論考を中心に行った。
 「アジア観」を扱うのに考えたのは、そもそも長谷川如是閑は、言論人・ジャーナリストという「アウトサイダー」としての性格は強く、彼の個人史におけるフリージャーナリスト時代は、ちょうど1920年代前後における社会学受容・浸透と重なり、『我等』(『批判』)を拠点に展開された時事評論・批判の射程は、日本を中心に、ロシア、中国、いわゆる「アジア」地域まで輻射し、ヨーロッパ、アメリカまで届いていた。日一日増大する「国家」と対峙するため、「社会」という堡塁を立てようとしたその「アジア」・欧米までに向けたまなざしには、常に「国家悪」と対抗し得る「共同体」の範型を求めている渇望があった。「日本はどこへ向かうべきか」という問題関心は、如是閑を動かせる原動力である一方、また戦時中に彼が見事に「国民統合」された理由でもあった。
 言説がせめぎ合う「近代日本のアジア認識」という空間に、もうひとつの視線を描いて照明を試みた。

文責:張琳

PageTop

2014年11月6日例会討論要旨

今回の報告は、M1の石運氏が卒論を加筆してまとめた考察である。まず、儒学における「礼」の概念、及び徂徠が論じた「礼」の「自然性」について解釈が求められた。次に、報告者が引用した林羅山の言説は後述の論点との食い違いが指摘され、史料の解説の再確認が求められた。また、「朱子学の官学としての地位」という観点の問題性も指摘された。報告者は、「朱子学は官学」という観点は『日本思想史辞典』より引用したものであると述べ、再確認を行うと答えた。
 最後に、先行研究のまとめ方、注釈及び参考文献の作り方について建議され、報告者はこれから再確認と訂正作業を行っていくと答えた。

文責:張琳
PageTop

2014年11月13日例会につきまして

報告題目:「国家」と「社会」のアンビバレンス―大正・昭和前期における長谷川如是閑のアジア観を中心に―

報告者:張



【参考文献】
池田元(1981)『長谷川如是閑「国家思想」の研究 : 「自然」と理性批判』雄山閣出版

新井正男、飯田泰三(1987)『長谷川如是閑 人・時代・思想と著作目録』中央大学 

田中浩(1989)『長谷川如是閑研究序説』未來社  

A・E・バーシェイ(1995)『南原繁と長谷川如是閑 国家と知識人・丸山眞男の二人の師』ミネルヴァ書房 

酒井直樹(1997)『日本思想という問題 翻訳と主体』岩波書店

古屋哲夫、山室信一編(2001)『近代日本における東アジア問題』吉川弘文館

山室信一(2001)『思想課題としてのアジア : 基軸・連鎖・投企』岩波書店  

子安宣邦(2003)『「アジア」はどう語られてきたか : 近代日本のオリエンタリズム』藤原書店 

佐藤城三郎(2009)『「死の跳躍」を越えて 西洋の衝撃と日本』千倉書房 

織田健志(2004)「「国家の社会化」とその思想的意味 長谷川如是閑『現代国家批判』を中心に」同志社法學 56巻1号

和田守(2004)「近代日本のアジア認識―連帯論と盟主論について」『政治思想研究』2004年第4号 

銭昕怡(2005)「1920年代における長谷川如是閑の中国革命論」『同志社法学』56巻7号 

田崎嗣人(2005)「長谷川如是閑における中国論 「変革」と「知識人」」『大阪市立大學法學雜誌』52巻1号

宮永孝(2005-2009)「社会学伝来考 幕末・明治・大正・昭和の社会学」法政大学社会学部学会『社会志林』52巻3号-56巻3号

織田健志(2011)「長谷川如是閑とL・T・ホブハウス―大正期日本における新自由主義の一断面」『イギリス哲学研究』34巻
PageTop

2014年6月5日例会報告要旨

丸山真男『日本政治思想史研究』(東京大学出版会、1952年)は戦後の江戸思想史研究の出発点であったと言ってよい。本報告は、『日本政治思想史研究』とその批判を概観し、その論点から引き受けるべき課題を考察することで、「戦後日本の歴史学の史学史的検討」を企図したものである。
丸山は江戸思想史を、朱子学を第一歩とした「自己分解過程」として捉えており、徂徠学を中心とした「近代」の萌芽がありつつも阻害されたため、「国民主義」も「前期的」性格にならざるを得なかったと見ていると言えるだろう。こうした丸山の見解は、儒学思想史研究に限定すれば、少なくとも2つの方向から批判を受けることとなる。1つは、1960年代から1980年代を中心になされた、尾藤正英を代表とする批判であり、もう1つは、1990年代以降に登場した、「一国思想史」を批判する議論である。代表的な論者は、子安宣邦と酒井直樹である。
尾藤からの丸山批判が実証的な観点からであったのに対し、子安や酒井は理論的な側面から丸山を批判した。その結果、丸山にも尾藤にも共通していた「大きな物語」(近代化を前提とした議論)を解体し、「事件」としての「言説」が有する「特異性」を重視した(子安)、あるいは「言説」に回収されない「テクスト性」まで射程に含めた(酒井)、「言説の思想史」ないしは「言説論」という方法論が提示された。山下範久が提唱し、桂島宣弘が近年積極的に議論を展開している「近世帝国」論は、こうした動向を踏まえたものであると考えられる。
しかし、山下の指摘する「独話論」的な「普遍」は、〈普遍主義/特殊主義〉という共犯関係を構成するものに他ならない。「一国思想史」批判として機能しうる「近世帝国」論も、本来の機能から裏切られざるを得ないのではないか。ここに「近世帝国」論を理論的に再考する余地がある。山下はこの「独話論」的な「普遍」以外に「普遍」の可能性は見出せないと考えているのに対して、酒井は「普遍主義」とは別の「普遍性」を読み出そうとしている点である。酒井の議論から引き受けるべき論点として、「普遍」の両義性を挙げることができるだろう。すなわち、「特殊主義」と共犯関係にある「普遍主義」と、「外部性」としての「普遍性」である。そして、この〈普遍主義/普遍性〉の関係に、「近世帝国」論を位置付けることができるのではないだろうか。すなわち、「近世帝国」における〈普遍主義/普遍性〉の生成・解体を江戸思想史研究に位置付けることができるのではないだろうか。

文責:田中
PageTop

2014年5月22日例会討論要旨

今回の報告は、黄薇姍氏・張琳氏により行われた。黄報告では、「新儒家」と「儒学研究者」の違いについて質問がなされ、報告者は「近代化」と関連するのが「新儒家」であると答えた。また、「新儒家」と「儒家」の違いについても質問があり、時代の違いであるという報告者の答えに対して、さらに「清代末期の知識人はいずれに属するか」との質問があり、時代区分を厳密になすべきであるという意見も出た。張報告では、「漢学」「支那学」「シノロジー」等の用語が区分なく使用されているが、時代性を持った用語であることから注意を要するとの指摘があった。また、近年の「シノロジー」が客観的であるとの報告者の指摘に対して、それは学問の透明性そのものが暴力であるとの認識が必要ではないかという意見が出た。

文責:田中
PageTop

修士論文構想報告会平賀報告題名

報告題目:近世京都の都市の形成-洛外における土地所有関係の考察を中心に-

報告者:平賀
PageTop

修士論文構想報告会原田報告題名

報告題目:生類憐れみの令の地方的展開

報告者:原田
PageTop

修士論文構想報告会黄報告題名

おせわになっております。

報告題名:山鹿素行『中朝事実』における自他認識

報告者:黄


【参考文献】

尾藤正英『日本の国家主義――「国体」思想の形成』、岩波書店、2014年

土田健次郎『江戸の朱子学』、筑摩選書、2014年

前田勉「山鹿素行『中朝事実』における華夷観念」、『愛知教育大学研究報告』59(人文?社会科学編)、2010年03月

桂島宣弘『自他認識の思想史――日本ナショナリズムの生成と東アジア』、有志舎、2008年

立花均『山鹿素行の思想』、ぺりかん社、2007年

多田顕『武士道の倫理――山鹿素行の場合』、麗澤大学出版会、2006年

桂島宣弘「近代天皇制イデオロギーの思想過程」『幕末民衆思想の研究』、文理閣、2005年

荒野泰典『江戸幕府と東アジア』、吉川弘文館、2003年

桂島宣弘『思想史の十九世紀――「他者」としての徳川日本』、1999年

佐々木杜太郎『叢書・日本の思想家  山鹿素行』、明徳出版社、1987年

『日本思想大系32 山鹿素行』、岩波書店、1970年

中山広司『山鹿素行の研究』、神道史学会、1987年

堀勇雄『山鹿素行』、吉川弘文館、1959年

和辻哲郎『日本倫理思想史 下』岩波書店、1952年

松浦厚『素行子山鹿甚五衛門』、金港堂書籍株式会社、1927年

PageTop

修士論文構想報告会肖報告題名

報告題目:近世郷村の伊勢信仰のあり方ー山城国久世郡寺田村を事例としてー」

報告者:肖
PageTop

2014年11月8日修士論文構想報告会富山報告題名

明日の修士論文構想報告会につきましてお知らせします。

報告題目:1950年代における教員組合運動の歴史的位置

報告者:富山


【参考文献】

・佐々木隆爾『世界史の中のアジアと日本』(御茶の水書房、1988年)

・佐藤隆「1950年代の国民教育運動と地域教育主体の形成」(『人民の歴史学』149号、2001年10月)

・雨宮昭一「1950年代の社会」(歴史学研究会編『日本同時代史』3巻、青木書店、1990年)
PageTop

2014年10月30日例会報告要旨

本報告では、尾張藩士高力種信の日記にある「渇仰の貴賎」と総称される人々に注目した。この「渇仰」という言葉の選択から、神仏に祈らざるを得ない人々の、鬼気迫る力強いものが描かれていることがひしひしと伝わってくる。この「渇仰の貴賎」の群像を読み解くことにより、一八〇〇年前後に生きる人々を、そしてその群像から民衆宗教の先駆とされる如来教の開教とその意義を宗教社会の課題から考えることが本報告の目的である。
 具体的には、開帳と御堂再建工事への「渇仰の貴賎」の関わり方を描写し、その行動には当時の人々が共有していた作善という問題が背景にあったとした。このような信仰の受容者の行動とその背景を前提として、如来教の善心による救済の意義を探った。それは、宗教社会での救済=作善による救済=〈善を作すか、悪を作すか〉ではなく、〈心を善くするか、悪くするか〉という心のありようを重視したものだった。これは、同時代の三業惑乱などがおこった宗教社会という視野からみてみれば、この喜之の救済は、さまざまな救済言説が同じ現実にぶつかった人々に対峙し、応答していたなかにあって、差異こそあれ、結果的には、心のあり方を重視するにするという点において同じ地平に登場したのだということができるのではないか。

文責:石原
PageTop

2014年10月23日例会報告要旨

本報告では1920年代の政軍関係を、文民統制か軍部の政治介入という二項対立的な発想で検討するのではなく、軍部大臣の二重性格、つまり内閣を構成する国務大臣、そして全軍人を代表する軍部大臣という二重性に着目し、1921年の臨時海軍大臣事務管理問題や1925年の貴族院における陸海軍大臣の統帥権輔翼に関する論争から検討した。
臨時海軍大臣事務管理問題では、陸海軍において見解を異にし、海軍は内閣官制第9条に基づき首相による海相事務管理を認め、陸軍は内閣官制第7条に基づき軍部大臣は統帥権輔翼に関係するために反対とした。結局、陸海軍はそれぞれで見解を異にすることを容認する、両論併記の形で解決となった。しかしここにおいて包含されていたのは、軍部大臣の権能たる統帥権の輔翼は国務大臣の権能か、それとも統帥権輔翼は軍部大臣としての権能かという議論であり、前者は海軍のそして後者は陸軍の見解であった。
1925年の貴族院における陸海軍大臣の統帥権輔翼に関する論争において、政党内閣たる加藤高明内閣は陸軍型の見解を採ることとなった。ここにおいて、戦前「政党内閣」制は純政党内閣への一里塚としての国務大臣による統帥権輔翼を可能とする見解を採らず、純政党内閣への道を放棄したと言える。しかし同時に、これによって日本型の「政党内閣」制は確立し、政軍協調体制の基盤を成立させたのであり、また清浦奎吾内閣に図られた陸軍における陸軍大臣の権能強化とあわせてみた時、戦前日本の政軍関係は政党と二重性を持った軍部大臣が「政党内閣」へと合流することで、政軍協調体制を形成したと言える。そして日本型政軍関係はロンドン海軍軍縮会議にて頂点を迎え、崩壊を迎えていくこととなった。

文責:山口
PageTop

2014年11月6日例会につきまして

明日の例会についてお知らせします。

報告題目:荻生徂徠における「礼」の認識についての一考察

報告者:石


【参考文献】

子安宣邦『「事件」としての徂徠学』青土社 1990年

小島康敬『徂徠学と反徂徠学』1994年

田原嗣郎 『徂徠学の世界』東京大学出版会 1991年

丸山真男 『日本政治思想史研究』東京大学出版会1952年

吉川幸次郎等校註『日本思想大系・荻生徂徕』 岩波書店1973年

よろしくお願い致します。
PageTop