日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

2014年4月24日例会山口報告討論要旨

今回の例会では、羽仁五郎班の第一回報告として、主に戦前期を岩根。戦後における羽仁史学の動向については山口が担当した。山口報告では、戦後日本における歴史学のなかで、羽仁史学をめぐる肯定的な評価として、「アウシュヴィッツ以前の思想文化と運動を清算的に批判したこと」という言及がなされてきたことを踏まえながら、戦後における羽仁史学のアプローチとして、ほぼ同時期に行われた「昭和史論争」に着目し、羽仁五郎における「歴史学」を再考しようとする試みであった。討論では、羽仁五郎がアウシュヴィッツに関する問題に積極的に発言したのか、という基本的な事実確認がなされた。その上で内容に関して踏み込んだ質疑応答へと移り、羽仁五郎において、アウシュヴィッツをめぐるヒューマニズム批判は、ある程度戦前期の羽仁史学を踏まえたものであり、その点に関して史学史的な文脈から、構造的な把握ができるのではないか、という質問がなされた。また、アウシュヴィッツの問題だけで昭和史論争を捉えていいのか、という疑問も呈された。さらに、質疑は「マルクス主義歴史学」そのものが、歴史の問題をめぐり、理論と実践を一体化したものと考えていたことを指摘したうえで、マルクス主義歴史学者の多くが、いわゆる「官学アカデミズム」とは距離を置くような立ち位置にあり続けたことをいかに考えるのか、という問題提起もなされた。

文責:岩根卓史
PageTop

2014年4月24日例会岩根報告要旨

今回の報告は、羽仁五郎班の第一回目報告として、とりわけ戦前期における羽仁五郎の研究著作を検討し、その中でも江戸思想史研究と明治維新史研究をめぐる概観を示した。とりわけ、羽仁五郎の初期における研究は江戸思想史に関するものが多く、本報告では、その思想史研究の論理構造を把握し、マルクス主義歴史学としての思想史的アプローチと、羽仁五郎が生涯にわたり、一貫としてクローチェをめぐる発言を行っていることを踏まえて考察した。それは羽仁自らが「過去を現実において捕ふ」という歴史叙述をめぐる問題を考えていたことを示唆していたことを考察した。また、羽仁史学における明治維新史研究についても検討を試み、羽仁史学における「人民史観」との関連性についても再考を行った。周知のように、羽仁史学を単なる学説史ではなく、時代的文脈も取り込みながら考察を試みる、というアプローチから「戦後日本の歴史学の史学史検討」という前期例会の共通テーマに即していえば、講座派マルクス主義歴史学と羽仁五郎との関係、またコミンテルン内部で行われた、「27年テーゼ」から「32年テーゼ」に至るまでの経緯、そして、羽仁五郎とコミンテルンとの関係性については、本報告では言及することができなかったが、いずれの問題も重要なものである。質疑応答において提起された課題については、限られたグループ報告の場を通して、改めて考え直したいと思っている。

文責:岩根卓史
PageTop

2014年4月24日例会山口報告題名

今日の例会につきまして、下記の通りお知らせします。今日の例会は二人による報告になります。

題名:戦後の「羽仁史学」に関する素描

報告者:山口一樹

参考文献
・羽仁五郎「現代に生きる歴史学徒の任務」『羽仁五郎歴史論著作集』第二巻、青木書店、一九六七年(初出『日本史研究会』第八三号、一九六六年)。

・羽仁五郎「歴史学」『羽仁五郎歴史論著作集』第二巻、青木書店、一九六七年(初出『羽仁五郎選集』第一巻、岩崎書店、一九四九年)

・大門正克「昭和史論争とは何だったのか」同編『昭和史論争を問う』日本経済評論社、二〇〇六年。

よろしくお願い致します。
PageTop

2014年4月24日例会羽仁五郎班岩根報告題名につきまして

今週の例会にて行われる、羽仁五郎班の報告題名をお知らせします。

題名:「羽仁史学を考えるために―戦前期の著作を手がかりにー」

報告者:岩根卓史


【参考文献】

羽仁五郎『明治維新史研究』、岩波文庫、1978年

同『佐藤信淵に関する基礎的研究』、岩波書店、1929年。

磯前順一・ハリー・D・ハルトゥーニアン編『マルクス主義という経験―1930年ー40年代日本の歴史学』、青木書店、2008年。

何卒よろしくお願い致します。
PageTop

本研究会の情報につきまして、新年度の情報に更新しました

新年度になりましたので、本研究会の情報につきまして、最新のものに変更しました。

随時、本研究会に関する情報は、本ブログにて引き続き更新していきますので、

今後ともよろしくお願い致します。
PageTop

新入生歓迎講演会のお知らせ

新入生歓迎講演会を下記の通り行います。

奮ってご参集いただければ幸いです。

新入生歓迎講演会_ビラダウンロード

【新歓講演会】

日時:4月10日(木)18時~

場所:学而館2階 第3研究会室

報告者:富山仁貴

タイトル:戦後日本における「進歩的知識人」の歴史的位置―上原専禄を中心に―

★日本思想史研究会とは……
 日本思想史研究会は、立命館大学の大学院生・学生を中心に、広く地域・時代を問わず思想史を研究する会です。1979年に活動を開始し、今年で35年目となります。会誌『日本思想史研究会会報』は30号を数え、学界でも評価を受けています。昨年開いた30号記念シンポジウムでは、「トランスナショナルな思想史の探求」と題し、中国・朝鮮・台湾と東アジアにまたがった議論を行い、多くの参加者を集めました。
 このように、単に「日本の思想」を研究するのではなく、日本で/日本から思想史を研究することは、グローバル化が進む今日において非常に大切なことでしょう。こうした共に学ぶ場から多くの人が巣立ち、研究や社会のさまざまな活躍をしています。
 前期は、テーマを設定した上で、各班に分かれて研究を行います。参加者の都合により、特に班に入らずに研究会に参加するだけでも構いません。皆さんも、ぜひ日本思想史研究会にお越しください。会員一同、大いに歓迎いたします。

★前期の研究テーマ
戦後日本の歴史学の史学史的検討

《問題提起》 ―――――――――――――――――――――――――
 「史学史の時代」とも評される今日の歴史学の状況にあって、自らの拠って立つ場所を常に検討することは極めて重要である。日本の歴史学界においても、既に多くの史学史研究が行なわれているが、その研究の対象となっている「戦後歴史学」を狭く捉える傾向を持ってはいなかったか。
 戦後日本の歴史学は、マルクス主義歴史学を中心として展開されてきたと理解されている。例えば、日本近世史に関わる主な議論だけでも、日本資本主義論争・太閤検地論争・近世封建制論争・洋学論争・幕藩体制論・公儀論・身分論・百姓成立論・幕末社会論などが行なわれている。これに関わった主な研究者としては、浅尾直弘・安良城盛昭・佐々木潤之助・林基・尾藤正英・深谷克己・山口啓二・脇田修らが挙げられよう。
 他方で、戦後日本の歴史学は、実証主義史学、思想史、文化史など戦前来の研究の諸潮流、あるいは経済史や農村史のような他学問との接点を持つ分野も含んだ、幅の広いものであった。また、東洋史や西洋史の諸研究、海外の文献の紹介・翻訳もまた、その一翼をなしていた。
 以上の観点から、「戦後歴史学」のなかで評価を受けつつも、中心的な潮流とは異なった研究を取り上げることは大きな意味を持っている。今回、我々が対象とした各班のテーマに基づく共同研究で、より広い視座とこれまでの研究史を架橋する、戦後日本の歴史学の史学史的検討を目指したい。

《小テーマ》 ―――――――――――――――――――――――――

・羽仁五郎(1901-83)。専門は明治維新史。『日本資本主義発達史講座』(1932)に関わる。主な著作に『クロォチェ』(1939)、『明治維新史研究』(1956)、『都市の論理』(1968)など。『羽仁五郎選集』全2巻、『羽仁五郎歴史著作集』全4巻、『羽仁五郎戦後著作集』全3巻。

・丸山真男(1914-96)。専門は日本政治思想史。主な著作に『日本政治思想史研究』(1952)、『現代政治の思想と行動』(1956-57)、『日本の思想』(1961)、『忠誠と叛逆』(1992)など。『丸山真男集』全16巻、その他講義録・書簡集など。

・村上重良(1928-91)。専門は近現代日本宗教論。主な著作に『近代民衆宗教史の研究』(1957)、『国家神道』(1970)、『出口王仁三郎』(1973)、『国家神道と民衆宗教』(1982)など。

・安丸良夫(1934-)。専門は日本宗教思想史。主な著作に『日本の近代化と民衆思想』(1974)、『出口なお』(1977)、『神々の明治維新』(1979)、『近代天皇像の形成』(1992)、『〈方法〉としての思想史』(1996)など。『安丸良夫集』全6巻。

★前期の研究会日程(場所)   

4/10  総会・新歓講演会(第3)
4/17  〈休み〉 ―
4/24  羽仁五郎班①(第3)
5/1  〈休み〉 ―
5/8  羽仁五郎班②(第1)
5/15  羽仁五郎班③(第3)
5/22  丸山眞男と儒学班① (第1)
5/29  丸山眞男と儒学班② (第1)
6/5  丸山眞男と儒学班③ (第1)
6/12  村上重良班①(第1)
6/19  村上重良班②(第1)
6/26  村上重良班③(第1)
7/3  安丸良夫班①(第1)
7/10  安丸良夫班②(第1)
7/17  安丸良夫班③(第1)


連絡先:   aac75669@kwansei.ac.jp (富山=会長)
lt052089@ed.ritsumei.ac.jp (松川=副会長)
ブログ:     http://nihonshisoshi.blog64.fc2.com/

例会は毎週木曜18時~。学而館2階の第1研究会室あるいは第3研究会室にて
PageTop

今年度前期例会の進行につきまして

昨日の会議により、2014年度前期例会の詳細が決まりましたので、下記の通りご連絡致します。

【全体テーマ】戦後日本の歴史学の史学史的検討

問題提起:

 「史学史の時代」とも評される今日の歴史学の状況にあって、自らの拠って立つ場所を常に検討することは極めて重要である。日本の歴史学界においても、既に多くの史学史研究が行なわれているが、その研究の対象となっている「戦後歴史学」を狭く捉える傾向を持ってはいなかったか。

戦後日本の歴史学は、マルクス主義歴史学を中心として展開されてきたと理解されている。例えば、日本近世史に関わる主な議論だけでも、日本資本主義論争・太閤検地論争・近世封建制論争・洋学論争・幕藩体制論・公儀論・身分論・百姓成立論・幕末社会論などが行なわれている。これに関わった主な研究者としては、浅尾直弘・安良城盛昭・佐々木潤之助・林基・尾藤正英・深谷克己・山口啓二・脇田修らが挙げられよう。

他方で、戦後日本の歴史学は、実証主義史学、思想史、文化史など戦前来の研究の諸潮流、あるいは経済史や農村史のような他学問との接点を持つ分野も含んだ、幅の広いものであった。また、東洋史や西洋史の諸研究、海外の文献の紹介・翻訳もまた、その一翼をなしていた。


以上の観点から、「戦後歴史学」のなかで評価を受けつつも、必ずしも中心的な潮流とは異なった研究を取り上げることは大きな意味を持っている。今回、我々が対象とした各班のテーマに基づく共同研究で、より広い視座とこれまでの研究史を架橋する、戦後日本の歴史学の史学史的検討を目指したい。



【班編成】

羽仁五郎班     =岩根、胡、平賀、方、山口

丸山真男と儒学班 =風間、黄、田中、張

村上重良班     =石原、肖、朴、横山

安丸良夫班     =安久、殷、富山、原田、松川



以上、4班で行ないます。


【前期の研究会日程】(毎週木曜日18時~)

4月10日 総会・新歓講演会(富山)

4月24日、5月8日、15日 羽仁五郎班(1~3)

5月22日、29日、6月5日 丸山真男と儒学班(1~3)

6月12日、19日、26日   村上重良班(1~3)

7月3日、10日、17日   安丸良夫班(1~3)

なお、4月17日と5月1日は休みとします。

文責:富山仁貴
PageTop