日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

12月13日例会報告要旨


【報告要旨】

今回の報告は、幕末国学における言語論をめぐる思想的位相について、〈言霊音義派〉と言われる国学者を中心に考察を試みた。

先行研究においては、彼らは古代ヤマトコトバの言霊信仰を引き継ぎながら、狂信的思想を持った国学者であるという理解がなされてきたが、

本報告では、彼らが為した思想的実践が、むしろ宣長による国学を解体し再解釈することで、〈声〉の偏在性を説いたものであり、彼らの議論を通すことで幕末国学の思想的動向やその位相をめぐる見解を見直す契機にもなるのではないかという結論付けを行った。

今後は明治期における和歌や漢詩をめぐる思想的動向についても、注意を払いながら、大きな流れとして、このような幕末国学における言語論がいかに再編されていくかということも検討課題になると思われる。

文責:岩根
PageTop

12月20日例会のお知らせ

来週の例会は外部からお招きして、下記の通りに行います

題名:「教育勅語の戦後的再解釈とその受容」

報告者:長谷川亮一(千葉大学)


ご参集していただければ幸いです。
PageTop

12月13日例会討論要旨

今回は、「幕末国学言語論の思想的位相――言葉の始原とコスモロジー」という題で岩根卓史氏により報告がなされた。質疑において、まず、報告の主題となった「言霊音義派」について、この意味を確認する質問があった。それに対し、報告者はこれを、「宣長以降の国学者の中でも言霊信仰に根差したものの再検討を行ったもの」と説明した。続いて、大国隆正の言説について、これを「言語秩序の問題の〝転倒〟」と評したのは、宣長を念頭に、「音」の先駆性よりもまず「文字」の存在をいうということか?という質問があり、報告者はこれを肯定した。

また、富樫広蔭の「言霊幽顕論」について、その同時代的意味をたずねる質問があった。これに対して報告者は、篤胤との論争を引き合いに出しつつ、富樫的な解釈では声の生成の提示が彼なりの独自性を示していることなどを解説した。一方、「史料」について、その史料の状態に関する質問が出た。これについて、「言霊幽顕論」は稿本であること。またこれら史料の流布について言及がなされ、その影響力について議論が及んだ。

さらに、言霊音義派の意義をたずねる質問、すなわち、宣長以降の言語における「皇国の論理の再解釈」という報告者の言及について、宣長という存在を考えたとき、これをどう考えるのかという点についてこれは興味深いという意見が出ると、国学における「宣長の影響力」という命題について議論に花が咲いた。

その後、「言葉の始原とコスモロジー」という文脈において、富樫広蔭の「う」の発音を声の始原とする意見についてその論拠を問う質問があった。それに対し報告者は、この富樫の言説ついて、この論拠を断定的に答えることができないとしつつも、どの音を重要視するかという点は人それぞれだが、その意味付けには彼らなりの独自性があるという点を述べた。これに対し、国学のほかに儒学的な解釈はあるのかという質問が別にフロアから出た。これに報告者は、勿論、漢字の「表意性」については意識していたであろうと答えつつ、ひらがなに対しての意味の付与という当該論者の志向について述べ、宣長との違いに言及し、儒学における音義的な解釈は存在するのではないかと述べた。またこれを受けて、そうした江戸儒学の世界での一連の試みという事実について、それは皆川淇園などに限り、やはり、例えば徂徠学の訓読などの方が学問的関心は高かったのではないかという意見が別にフロアから出ると、江戸儒学や国学における学問的関心について議論が盛り上がった。

最後に、「言語的ナショナリズム」という言説の意味についてこれをたずねる質問があり、報告者は従来の研究の有り様や自身の問題意識について述べながら、本報告の意義を語った。総じて、専門性の高い報告であったが、報告のユ-モア性やその専門性の高さ故にその学問的視座がフロアの学問的関心を広く呼んだことで、質疑は終始、談笑を交えつつ有意義に展開されたことを記して質疑応答の様子をここに伝えたい。

文責:風間
PageTop

来週の例会につきまして

来週の例会ですが、 千葉大学の長谷川亮一さんが報告して下さる予定です。 題名の詳細につきましては、追って詳細をご連絡致します。 岩根
PageTop

明日の例会について

報告者:岩根卓史


【報告題名】

幕末国学言語論の思想的位相―言葉の始原とコスモロジー


【参考文献】

川村湊『言霊と他界』、講談社学術文庫、2002年。

桑原恵『幕末国学の諸相ーコスモロジー/政治運動/家意識』、大坂大学出版会、2004年。

伊東多三郎『草奔の国学』、名著出版、1982年。
PageTop

11月22日例会許報告要旨

今回の報告においては「明治期におけるフィロソフィー受容問題―井上円了を中心に」というタイトルで論文作成の最後段階として発表させていただいた。要点としては井上円了の著作で多くみられる二元論的理解がどこから由来したのかという問題をもち、それが西洋哲学から由来したものではなく、むしろかれらの形而上下的理解から由来したものとして捉えた。その他の例として井上哲次郎の『西洋哲学講義』(1883)や朝鮮の性理学者である李寅梓の『古代希臘哲学攷辨』(1912)を挙げた。

議論点としては井上円了における仏教と哲学の関係や妖怪学を提唱した理由などがあったが、最も重要な議論的としては井上円了の二元論的分離がどのように解決されるのかという問題に関してはそれが国家主義に迫っていくとすれば、「観念」または「思想」という形而上的概念と国家との結着性がみえてくるのではないかという問題であった。しかしこの点はまだ明確にされていないので、当時の宗教と国家の関係を視野にいれる必要があるという指摘をいただいた。
PageTop

11月22日例会松川報告要旨

本報告では、崎門学派の浅見絅斎(1652~1711)・若林強斎(1679~1732)から生じた『朱子家礼』受容をめぐる議論が、垂加派知識人の側によっていかに捉え返されたか、という展開過程を神主・鬼神をめぐる議論を中心として考察した。

祭祀による鬼神来格と気の離散に伴う死の併存、というアポリアを抱え込む朱子学一般の議論に対し、垂加派からは――玉木正英(1670~1736)の言説とも相まって――何らかの形で死後霊魂の存続性・実在性を説く主張が登場する。かくなる主張に立脚する垂加派知識人は、『朱子家礼』における神主を、霊魂の依代として不相応なもの、ないしは来格させることあたわぬもの、として捉え、もって自らのタームに立脚した「神道式葬祭礼」を再構成してゆくこととなった。換言すれば、垂加派知識人の側から、絅斎らが心血を注いで受容した『朱子家礼』の非が説かれたことで、「神道式葬祭礼」が新たに語り出されたのである。

尤も、垂加神道における「中華」色の色濃い点を批判する国学的言説の側からは、さらに加えて「日本固有」の「神葬祭」が再構成されることとなるが、それには徳川時代後期を俟たねばならなかっただろう。



文責:松川雅信
PageTop

11月22日例会討論要旨

許智香氏によって「明治期におけるフィロソフィー受容問題――井上円了における哲学館設立までを中心に」、松川雅信氏によって「徳川日本における『朱子家礼』受容――神主と鬼神、垂加派をめぐって」の報告が行われた。

 まず、許智香氏に対する質疑応答では、松川雅信氏による円了の国家学における仏教の位置づけについての質問があった。これに対して、報告者は円了の仏教をもって国家を作るという主張を紹介し、円了形而上学と国家学の関連性にめぐって、井上哲次郎を始めとした当該期の学者達の主張も説明した。

 また、円了が仏教を真理とし、キリスト教を徹底的に批判したのは何故かという王夢如氏の質問が出た。これに対して、円了自身の身分も考えながら、宗教と哲学の関連性という新たの課題とすると報告者が答えた。

 また、円了はどのように二元論を克服ができたのかという風間建氏の質問があった。報告者は円了のなかには、唯物論・唯心論の統一は「唯理論」しかないと解釈した。更に円了は両者の相互的否定的関係から、弁証法に関心を持つようになったと説明した。風間建氏による円了の迷信打破における妖怪の意味は何であるかという質問について、報告者は近代化・啓蒙のため、僧侶でありながら、哲学者でもある円了は妖怪物を創りだしたことも見逃せないと答えた。

 松川雅信氏の報告についての質疑応答において、まず、家礼においては何故死の問題が大きいのかと許智香氏からの質問があった。報告者は家礼に対して、孝行――死後の葬祭と関わるものと想起されるが――は徳川日本の学者によって重要視されるため、葬祭、つまり死に関わることが家礼において大きい問題となったと答えた。

 この問題と関連して、風間建氏は、崎門における鬼神を語ることの意味について問うた。報告者は、少なくとも絅斎の場合においては、仏教における死後祭祀の不可能から、朱子学の立場をとり、さらに自分の優位性を強調したと説明した。

 最後に、報告者が引用した「誠敬」の言葉の意味を、王夢如氏が尋ねた。闇斎学派の「敬」の意味的違いがあることを提示しながら、崎門学における「誠敬」の意味をこれからの課題とするべきと報告者は答えた。



文責:殷暁星
PageTop

11月15日例会西田報告要旨

本報告では、近代の神道思想家である筧克彦がどのように身体をとらえようとしたのかについて、『日本体操』という著作をめぐる議論を中心に考察した。

筧克彦は、法学者でありながら神道の思想を説いたため、一般的には神がかりの特殊な人物として扱われている。だが、筧は皇室や農本主義とも密接な関わりをもっており、単に特殊とするだけでは扱いきることはできない。そこで、報告者はまずは筧が農本主義者たちと接点を持った『日本体操』を研究することで、筧がどのような論理を用いて、その神道思想を説こうとしたのかについて考察した。

筧の日本体操の要点は、①生命主義的な世界観②記紀神話の世界への上昇、祈祷、天岩戸神話、天孫降臨神話を身体で表現する③児童、中学生、一般人、青年と段階別の解説④

「ひと笑ひ」、「天晴れ、おけ」からの拍手、みことのりの復唱、弥栄(いやさか)の唱和などの独自の身体操作と主に四点に分けることができる。本報告では筧の思想にどのような意味があったのか、またなぜこのような身体観を生み出したのかについてまでは考察を進めることができなかったが、こうした独自の世界観をもった筧の身体論の独自の世界を解明することによって、どのような世界観を独自の神道理解で築こうとしたのか考えたい。
PageTop