日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

5月24日例会報告要旨

5月24日例会の報告要旨について、お知らせします。

要旨は下記の通りです。

【報告要旨】


丸山眞男『現代政治の思想と行動』(増補版 未來社 1964年)の第二部「イデオロギーの政治学」。論文集という形になっているが、内容は大別して二種に分けられるので、本書の章立てとは順序が入れ替わるが、以下の要領で報告した。
 
【1】 まずロシア革命からスターリン批判にいたるまでの政治観を、英国政治学者ラスキの論を軸に分析した。1「西欧文化と共産主義の対決 ――ラスキ「信仰・理性及び文明」について――」 2「ラスキのロシア革命観とその推移」 5「「スターリン批判」における政治の論理」
 
【2】 続いてファシズム、ナショナリズムなどの政治概念の分析に入った。3「ファシズムの諸問題 ――その政治的動学についての考察――」 4「ナショナリズム・軍国主義・ファシズム」
 
また、同時代の思想状況、およびアジアナショナリズムを考えるため、竹内好の議論を援用し、丸山と竹内を同時に論じている大澤真幸にも触れた。

文責:松本智也
PageTop

明日の例会報告について

明日の例会についてお知らせします。


報告題名:丸山真男『現代政治の思想と行動』第三部

報告者:石原和


概要については下記の通りです。

丸山真男『現代政治の思想と行動』第三部の要約と特にここで中心に触れられており、またその動向についても言及されている政治学に注目する。そして政治学史の中で丸山真男がどのように位置づけられているのかを政治学の研究に即しながら紹介する。

よろしくお願いします。

文責:岩根卓史
PageTop

5月24日例会討論要旨

昨日の例会にて行われた報告の討論要旨について、お知らせします。

【討論要旨】

本日は松本智也氏により「丸山真男『現代政治の思想と行動』第二部「イデオロギーの政治学」」という題で報告が行われた。松本氏は第二部を①ロシア革命からスターリン批判にいたるまでの政治観を、ラスキを援用しつつ分析したものと②ファシズム、ナショナリズムなどの政治概念の分析をしたものとに分けて整理した。前者には竹内好の「近代の超克」論、キルケゴールの問題提起を、後者には丸山と対比するため竹内の「方法としてのアジア」論、及びその両者を対象とした大澤真幸の評価を扱いながら、丸山の評価を試みた。

討論の主な内容は松本氏が丸山と対比した竹内の論に関するものであった。松本氏に対して、まず竹内を取り上げた理由についての質問が出た。これに対し、松本氏は丸山のアジアへの視点の欠如を問題化し、丸山と同時代のアジア論として竹内を取り上げたと答えた。松本氏は両者を読み比べた上で、次のように違いを整理した。丸山はヨーロッパをそのまま日本に平行移動させ、移植しようとしている。それに対して、竹内はヨーロッパを分析するために、アジアを方法として用い、ヨーロッパ近代観では理解しえぬアジア像を提示した。また、本書の各論文の初出の時期が一番古いものから一番新しいものの期間が10年程度開くため、その間の丸山の思想の変化があるのかという疑問が提示された。それに対しては、戦前・戦後占領期において圧倒的な支配力をみせた政治に対する危機感と民主主義の確立という問題意識は一貫しているのではないかという意見がでた。
           
文責:石原和
PageTop

4月26日例会報告報告要旨

4月26日例会で行われた報告要旨について、お知らせします。

【報告要旨】

本報告では、丸山眞男『日本政治思想史研究』第二章「近世日本政治思想における「自然」と「作為」」を取り扱った。報告では、最初に内容要約を行った上で報告者による所見を提示した。所見としてまず、戦後儒学思想史における丸山の位置づけに関する議論を示し、丸山によって徳川儒学を主として古学派への展開として描写する方法や、朱子学一般を〈普遍〉とし、かかる日本における展開を〈特殊〉とするような戦後儒学思想史の一定の枠が定められたと論じた。加えてかかる丸山以降の儒学思想史における議論の問題点に関して簡単な言及をなした。次に二つ目の所見として、酒井直樹氏による議論を援用しながら、従来戦後民主主義の代表者として位置付けられてきた丸山における『日本政治思想史研究』における方法論とは、田邊元や三木清ら「近代の超克」グループによる学問的方法論を踏襲したものであるという点を指摘し、丸山を同時代的に位置づける必要性やアジア認識における問題性などを勘案した上で丸山を捉えていく必要性を提議した。

文責:松川雅信
PageTop

5月24日例会報告について

明日の例会報告についてお知らせします。

題名:丸山眞男『現代政治の思想と行動』(増補版 未來社 1964年)の第二部「イデオロギーの政治学」

報告者:松本智也


また、報告概要については、下記の通りです。

【概要】

論文集という形になっているが、内容は大別して二種に分けられる。したがって本書の章立てとは順序が入れ替わるが、以下の要領で報告する。
【1】まずロシア革命からスターリン批判にいたるまでの政治観を、英国政治学者ラスキの論を援用しつつ分析している。
1「西欧文化と共産主義の対決 ――ラスキ「信仰・理性及び文明」について――」
2「ラスキのロシア革命観とその推移」
5「「スターリン批判」における政治の論理」
【2】続いてファシズム、ナショナリズムなどの政治概念の分析に入る。
3「ファシズムの諸問題 ――その政治的動学についての考察――」
4「ナショナリズム・軍国主義・ファシズム」
また、同時代の思想状況、およびアジアナショナリズムを考えるため、竹内好の議論を援用する。

【参考文献】
竹内好「近代の超克」(『日本とアジア』筑摩書房、1993年。初出は『近代日本思想史講座』第七巻、筑摩書房、1959年)。
―――「アジアにおける進歩と反動」(竹内1993所収、初出は岩波講座『現代思想』第五巻、1957年)。
―――「ナショナリズムと社会革命」(竹内1993所収、初出は『人間』1951年)。
大澤真幸「丸山眞男ファシズム論のネガ」(『近代日本思想の肖像』講談社、2012年、初出は『情況』1997年)。
――――「埩扎の無思想――竹内好のナショナリズム」(大澤2012所収、初出は『思想の科学』1995年)。
――――「トカトントンをふりはらう――丸山眞男と太宰治」(大澤2012所収、初出は『大航海』1997年)。

よろしくお願いします。

文責:岩根卓史
PageTop

5月10日例会サルバトーレ報告要旨

5月10日例会にて行われた、サルバトーレ・マッラさんの報告要旨についてお知らせ致します。

【報告要旨】

ある集団が「国民」となるためには自らを政治的統一体として意識、意欲する国民意識の成立が必要であり、これが近代国家成立のための不可 欠な条件である。国民国家の形成、発展の様態は国によって多様であり、また、国民意識に基づく「国民」という存在は、外的刺激などを契機とする一定の歴史 的条件段階の産物であり、自然的自生的存在ではない。

日本において国民意識の誕生は、世界市場形成という歴史的必然による外国勢力の渡来による明治維新を待たねばならなかった。徳川封建制に おいては、支配階級、被支配階級が画然と分離され、地域間も分離されており、国民を統一する意識は存在しなかった。被支配階級においては、権利とともに政 治的責任が与えられず、国家への参加意識はなかった。また、支配階級においても責任意識は国家ではなく、直接の主君を対象としていた。このような状況は、 国民的統一的意識の醸成を阻んでいたが、徳川幕府はこの状況を最大限に利用して支配を行っていた。

真の近代的国民主義思想の形成は維新を待たねばならなかったが、それを準備した「前期的」国民主義思潮を見てみる。ラックスマンの来航など海外の勢力の脅威が問題となりはじめ、海防論が論じられるようになった。林子平、古賀精里、本多利明、佐藤信淵などの海防論において、国防を実現するために富国強兵が目指され、その実現のために集権的絶対主義的な国家論が主張された。この思想が、尊王攘夷論に繋がっていく。

国家的独立のための国民的統一には二つの方向があった。政治の集権化という集中化の方向と国民意識の浸透という拡大化の方向である。「前期的」国民主義思潮では、集中化が先行し、拡大化は不徹底に終わった。明治維新では、外国勢力による幕府権力の弱体化による国内的分裂は、庶民から成長した政治力で克服されず、武士と庶民の上層部に担われた。

文責:サルバトーレ・マッラ
PageTop

5月17日例会方報告要旨

5月17日例会で行われた、方阿離さんの報告要旨についてお知らせします。

よろしくお願いします。

また、先日のサルバトーレ報告の要旨については、改めてお知らせします。

【報告要旨】

今回は、丸山眞男『現代政治の思想と行動』の「一 超国家主義の論理と心理」、「二 日本ファシズムの思想と運動」、「三 軍国支配者の精神形態」という三つの論文をまとめ、日本のファシズムの歴史的構造および性格について報告した。

日本は明治以後の近代国家の形成過程において、このような国家主権の技術的、中立的性格を表明しようとしなかった。「大義を世界に布く」日本帝国は、大義を実現するための行動が即ち正義とされ、本質的に悪を為す可能性がない故に、いかなる背信的で暴虐な行動も許されるのである。全国家秩序が絶対的価値体である天皇を中心として、連鎖的に構成され、上から下への支配の根拠が天皇からの距離に比例するため、独裁観念は却って成長しにくい。

日本ファシズム運動の時代的区分について、大体三つの段階に分ける。第一の段階は、準備期であり、大体大正八、九年、ちょうど世界大戦の終わった頃から満州事変頃に至り、「民間における右翼運動の時代」ともいえる。第二期は成熟期であり、昭和六年の満州事変から昭和十一年の二・二六事件に至る時期である。第三期は「日本ファシズムの完成時代」ともいえる。二・二六以後粛軍の時代から終戦までである。

日本ファシズム運動のイデオロギー的特色は、家族主義的傾向、農本主義的傾向、大アジア主義と帝国主義の混じり合いという三つの点がある。

日本帝国主義は政治権力のあらゆる非計画性と非組織性にも拘わらず、まぎれもなく戦争へと方向づけられていた。そうした非計画性こそが「共同謀議」を推進せしめて行ったのである。

日本ファシズムの指導者について丸山が「矮小性」という特色を付けた。それは、既成事実への屈服と権限への逃避である。

文責:方阿離
PageTop

5月17日例会討論要旨

5月17日例会の討論要旨をお知らせします。よろしくお願いします。

【討論要旨】

今回から『現代政治の思想と行動』に入り、今回は第一部を扱った。うち方阿離氏が第一章「超国家主義の論理と心理」・第二章「日本ファシズムの思想と運動」・第三章「軍国支配者の精神形態」を、山口一樹氏が第四章「ある自由主義者への手紙」・第五章「日本におけるナショナリズム」・第六章「『現実』主義の陥穽」・第七章「戦前における日本の右翼運動」を報告した。

丸山が1946年時点では七三一部隊のことを知らなかったことが推測されるところから、戦後直後にどこまで情報が公開されており、当時の人々の認識がどれだけのものであったのか、という質問が出た。それに対しての返答は、七三一部隊に関する情報公開は50年代以降であるということだった。またそこから発展して、ハンナ・アーレントの『イェルサレムのアイヒマン』の例を出して、「悪の平凡さ」を指摘し、ファシズムは普通に起こりうるものであるという議論が起こった。主権は主権を停止させる力がなければ成立せず、常にそうした例外が存在している。主体性・民主主義・近代そのものがファシズムである。丸山はそうしたことに対する問題提起をしようとしているのではないか、という議論になった。

次に、山口氏は吉本隆明の議論を援用して丸山批判を深めようとした。曰く、丸山の思考法はインテリの典型であり、大衆が視野に入っていないということである。吉本による批判は1967年の全共闘の時代になされたものであり、東大出身の丸山が戦後民主主義のオピニオンリーダー的な存在であったことから、恰好の槍玉であった。しかし丸山は吉本の批判にたいして返答せず無視しているようである。

最後に、本書が書かれた時点では検閲を恐れて記述できなかった部分があることから、本書は終戦後当時の史料としても読めるのではないか、との指摘もあった。丸山は初期の民権運動を評価しており、ナショナルなものを眼差していた。しかし当該期の学問的潮流の影響でアジアについては語っていない。これは戦中からの連続としてとらえるべきではないか、ということになる。

今回から丸山の戦後の著述に入っていくので、戦前からの連続性も鑑みつつ、思想の変遷、あるいは一貫しているものを注視していく必要があるだろう。

文責:松本智也
PageTop

5月17日山口報告要旨

5月17日例会で行われた、山口一樹さんの報告要旨です。

先週のサルバトーレ報告と今週の方報告の要旨については、改めてお知らせします。

【報告要旨】

今回は、戦後の問題そして戦前と戦後の関連を扱った、丸山眞男『現代政治の思想と行動』第一部「現代日本政治の精神状況」の四~七の論文をまとめ、丸山の論じた「日本人の主体」について報告し、吉本隆明『丸山真男論』を取り上げた。丸山はなぜ日本が一連の戦争へと向かっていったのかということに対して、諾々と権力に従う「主体性」無き日本人、つまり近代的な主体形成の失敗がその原因の一つであったと考えていた。それは実質的価値の体現者な意思決定者たる強制力を把持する上級者の存在や伝統的社会のボス的支配を温存した状態の日本の「後進性」、「前近代性」から感じ取ったものであった。

しかし、吉本隆明が行った無責任の体系としての抑圧移譲の構造に対する批判は、主体の欠如に反論を加えたといえる。それは抑圧そのものが上部から下ってくるというよりも、「一般兵士」である「大衆」そのものから湧き上ってくる「暴力性」への言及であった。ここから丸山の指摘する「日本人」の主体性の
欠如では論じられない、吉本の指摘するような「大衆」の問題―いうなれば大衆側の主体性というものもまた再考する余地があるのではないかという点を報告では提起した。

文責:山口一樹
PageTop

5月17日例会報告題名について

明日の例会報告題名について、お知らせします

報告:丸山真男『現代政治の思想と行動』(増補版 未來社 1964年)をよむ。
第一部「現代日本政治の精神状況」

報告者:方阿離・山口一樹

分担箇所:「超国家主義の論理と心理」・「日本ファシズムの思想と運動」・「軍国支配者の精神形態」(方)

「ある自由主義者への手紙」・「日本におけるナショナリズム」・「『現実』主義の陥穽」・「戦前における日本の右翼運動」(山口)


です。

よろしくお願い致します。

文責:岩根卓史
PageTop

来週の例会から課題本が変わります

来週の例会から、課題本が変わります。

課題本は、丸山眞男『現代政治の思想と行動』、未来社、2006年

です。

よろしくお願い致します。

文責:岩根卓史


〔新装版〕 現代政治の思想と行動〔新装版〕 現代政治の思想と行動
(2006/09)
丸山 眞男

商品詳細を見る
PageTop

5月10日例会呉雨珊報告要旨

昨日の例会にて、報告した呉雨珊さんの報告要旨を下記に掲載します。サルバトーレ・マッラさんの報告要旨は、改めてお知らせします。

【報告要旨】

本日 『日本政治思想史研究』英語版への著者の序文を担当して、内容としては、発表して三十年にあたり、著者は現在の見解で本書に扱われた対象を展開することを避けて、著者が執筆した当時の時代的雰囲気及びそれらの論文がどうのような過去の学問的遺産の上に築かれ、したがってそうした研究史によって、著者の方法論や角度がどのように制約されているかを説明した。そして、丸山の問題関心について、日本がなぜこの不合理的な戦争に駆け込まれたか、その原因をこの不合理的な国家構成に求めたのであると考えられていると筆者の見方を述べた。

文責:呉雨珊
PageTop

5月10日例会討論要旨

昨日行われた例会報告の討論要旨についてお知らせします。また先日の報告要旨については、後日お知らせします。

【討論要旨】


今回は、マッラ・サルバトーレ氏によって『日本政治思想史研究』第三章「国民主義の「前期的」形成」、呉雨珊氏によって同書「英語版への序文」に関する報告がなされた。質疑ではまず「英語版への序文」に関して、丸山が本書執筆に際し時代の風潮に対抗する形で徳川思想史を叙述したとは、具体的にいかなる意味かという質問が出された。これに対し報告者は、丸山が戦時期における全体主義的な風潮とりわけ「近代の超克」の議論に対し、「近代」を擁護する形での対抗を行おうとしたという点から返答を行った。これらの議論に関してさらにフロアから、丸山は「英語版の序文」においては「近代への超克」への対抗を述べているものの、実態として『日本政治思想史研究』執筆時における丸山の学問的方法論は、田邊元や三木清など「近代の超克」論者のものを大きく継承しているという理解が近年の研究水準における通説となりつつあるという補足がなされた。かかる一連の議論を踏まえ、丸山におけるアジア認識、当該期における学問空間等を俯瞰的に捉えていく必要があるだろう。次に、「国民主義の「前期的」形成」に関して、丸山は日本人における無責任性・受動性という特質を終始追求しつづけており、本書も丸山におけるかかる問題意識を徳川思想史に読み込む形で執筆されたのではないか、という質問が出された。これに対し報告者は、『日本政治思想史研究』を読む限りでは丸山の意図を捉えること叶わぬが、丸山における日本人の特質という議論に関しては、後の「古層」論とも通ずる議論でもあるため、今後の報告を聞く中で検討してゆきたいと述べた。また思想史を主たる研究対象とする現在の学部生の中で、丸山における議論はどの程度認知されているのかという質問も出された。これに対しては、丸山の議論から直接的な影響を受けるとおぼしき学部生は少数だが、さりとて少なくとも様々な最新研究を通読してゆく中で丸山の議論に触れる機会は多いであろうということで、フロア全体が意見の一致を見た。最後にマッラ・サルバトーレ氏が所見の中で述べたカール・マンハイムの『イデオロギーとユートピア』とは、いかなるテクストなのかという質問が出された。これに対して、フロアからカール・マンハイムにおける概説的な解説がなされた。なお今回の例会をもって、『日本政治思想史研究』に関する報告はすべて終了した。ここで積み重ねられた議論を踏まえながら、次回以降の例会報告へと繋げてゆく必要があるだろう。

文責:松川雅信
PageTop

今日の例会報告の修正について

今日の例会報告について、修正がありますので、

お知らせ致します

報告者:サルバトーレ・マッラ

題名:丸山真男『日本政治思想史研究』
  ー第三章【国民主義の「前期的」形成】ー


報告者:呉 雨珊

題名:丸山真男『日本政治思想史研究』を読み直す
   ―英語版の序文についてー


今日の報告者は二名になります。

場所・開始時間に変更はありません。

ここに修正して、お知らせいたします。

どうぞ、ご参集ください。

文責:岩根卓史
PageTop

第256回日文研フォーラムのお知らせ

イベントのお知らせが来ましたので、ご連絡致します。

国際日本文化研究センターの下記のリンクもご参照ください。

http://www.nichibun.ac.jp/event/forum.html

以下、転載します。


第256回 日文研フォーラム

日時:
平成24年5月15日(火)14:00~16:00

発表者:徐 興慶

台湾大学日本語文学科・研究所 教授
国際日本文化研究センター 外国人研究員

発表テーマ:近代日中知識人の自他認識―思想交流史からのアプローチ―

発表内容:
 近代化におけるコンテキストの中で、日本と中国の知識人は、西洋文明に迫られた際、 強烈な他者を意識すると同時に、自己についての認識も促された。本報告では、箕作阮甫、王韜をはじめとする14名の近代日中知識人を取り上げ、その知恵、思想主張、それぞれの思想交流の実態、相違点と同一点を概観し、伝統的な儒教と近代文明の葛藤の中で彼らの演じた役割を分析したい。

コメンテーター:劉 建輝 

国際日本文化研究センター 准教授

会場:ハートピア京都 3階大会議室

京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375

申込:不要(定員180名)

受講料:無料

主催:国際日本文化研究センター


よろしくお願い致します。

文責:岩根卓史
PageTop

5月10日例会報告のお知らせ

明日の研究会例会についてお知らせ致します。

報告者:サルバトーレ・マッラ

題名:丸山真男『日本政治思想史研究』
  ー第三章【国民主義の「前期的」形成】ー


場所:立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第1研究会室

開始時刻:18:00~

です。

ご参集して下されば、幸いです。

例会の内容に関しては、後日、討論及び報告要旨をブログにてお伝えします。

文責:岩根卓史
PageTop

今週から前期例会を再開します

ゴールデンウィークが終わり、前期例会は今週から再開します。

日時は、5月10日(木) です。

今週は、『日本政治思想史研究』班の第三回報告です。

詳細は追ってお知らせ致します。

文責:岩根卓史
PageTop