日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

6月10日例会予告

皆さま

次回の例会は、6月10日(木)です。


報告者は、 アンドレス・ペレス・リオボ氏 です。

○論題○
 「キリシタン時代における奴隷の売買」

○参考文献○
・ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』
                      岩波書店、1976
・オルランド・パターソン『世界の奴隷制の歴史』明石書店 、2001
・藤木久志『雑兵たちの戦場』朝日新聞社、2005
・泉井久之助訳『デ・サンデ天正遣欧使節記』雄松堂書店、1979


皆さまのご参加をお待ちしております。

なお、2010年度前期は木曜日の17時半~
立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第1研究会室にて行っています。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
                                     (宇都宮)
PageTop