日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

会報発行時期のお知らせ

皆さま


長らくご無沙汰しております。

既にこちらでもご連絡させて頂きましたが、
例年は11~12月頃発行の『日本思想史研究会会報』ですが、
最新号である27号につきまして、
編集作業の都合により勝手ながら発行が遅れております。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、
発行時期は 3月 となる予定です。

本号は、長志珠絵氏の巻頭言、金津日出美氏の提言とともに、
高橋恭寛氏、永岡崇氏、水野雄司氏による三本の論文、
書評や新刊紹介など、充実した内容でお届けする予定でございます。
大変長らくお待たせすることとなり、恐縮ではございますが、
何卒ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

                                  (宇都宮)
PageTop