日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月29日例会予告

皆さま

次回の例会は、6月29日(月)です。


報告者は 林 由華 氏 です。

「オリエンタリズム」班は全4回ですが、
6月29日は第3回目の発表となります。
姜尚中『オリエンタリズムの彼方へ』第3章、4章の報告を行います。  
   
○参考文献○
 ・エドワード・W. サイード『オリエンタリズム』(平凡社・1993)
 ・姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ―近代文化批判』
                          (岩波書店・1996)


皆さまのご参加をお待ちしております。


なお、2009年度前期は月曜日に例会を行っております。
毎週月曜日の17時半~
立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第1研究会室にて行います。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
                                    (宇都宮)

スポンサーサイト

PageTop

6月22日例会予告

皆さま

次回の例会は、6月22日(月)です。


報告者は アンドレス氏と沈熙燦氏 で、
論題および参考文献は以下の通りです。


○アンドレス氏報告○
「ウォーラーステインへの二つの批判
        :スタンリー・アルノウィッツとシーダ・スコチポル」
 
 
 ≪参考文献≫
 ・Stanley Aronowitz:
   “A Metatheoretical Critique of Immanuel Wallerstein´s
    The Modern World System”, Theory and Society 10
                                 (1981)
 ・Theda Skocpol:
   “Wallerstein´s World Capitalist System
    : A Theoretical and Historical Critique”,
      American Journal of Sociology 82, no. 5 (3-1977)


○沈熙燦氏報告○
「世界システム論におけるヨーロッパ中心主義への批判
                 ―『リオリエント』を取り上げて」


 ≪参考文献≫
 ・アンドレ・グンダー・フランク/山下範久訳
    『リオリエント―アジア時代のグローバル・エコノミー』
                   (藤原書店、2000。原著は1998)


   「近代世界システム」班は全3回ですが、
   6月22日は2回目の発表となります。
   

皆さまのご参加をお待ちしております。


なお、2009年度前期は月曜日に例会を行っております。
毎週月曜日の17時半~
立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第1研究会室にて行います。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
                                    (宇都宮)
PageTop

6月15日例会予告

皆さま

次回の例会は、6月15日(月)です。


報告者は ウリヤナ・シピチコ氏 で、
論題および参考文献は以下の通りです。

○論題○
 「ヨーロッパ・アメリカ・ロシアを中心に、
            『帝国』への書評について」


   「帝国」班は全4回ですが、
   6月15日は2回目の発表となります。
   

皆さまのご参加をお待ちしております。


なお、2009年度前期は月曜日に例会を行っております。
毎週月曜日の17時半~
立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第1研究会室にて行います。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
                                    (宇都宮)
PageTop

6/27 公開シンポジウムのお知らせ

皆さま


6月27日(土)に同志社大学で行われる
公開シンポジウムのご案内をさせて頂きます。


*****************************

同志社大学公開シンポジウム
 「人種主義、植民地主義、多文化主義のポリティクス
               ―――オーストラリアと日本の経験」


講演者:ガッサン・ハージ(メルボルン大学)
    テッサ・モーリス‐スズキ(オーストラリア国立大学)
    塩原良和(慶應義塾大学)
総合司会:板垣竜太(同志社大学)
開催場所:同志社大学新町キャンパス 臨光館R201
開催日時:6月27日(土)13:00~17:30
主催:オーストラリア学会
共催:同志社大学人文科学研究所/同志社大学現代アジアセンター
後援:日豪交流基金

※詳しくは下記HPをご参照下さい。
   http://www.dosc.sakura.ne.jp/?p=399

※通訳あり。シンポジウム参加費無料

*****************************


今後もこのように研究会やシンポジウム、学会案内なども
ご紹介していこうと思います。

                                    (宇都宮)
PageTop

6月8日例会予告

皆さま

次回の例会は、6月8日(月)です。


報告者は 肖 コン 氏 で、
論題および参考文献は以下の通りです。

○論題○ ※仮題
 「オリエンタリズムと文化的支配のシステム」

   「オリエンタリズム」班は全4回ですが、
   6月8日は2回目の発表となります。
   
○参考文献○
 ・エドワード・W. サイード『オリエンタリズム』(平凡社・1993)
 ・姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ―近代文化批判』
                          (岩波書店・1996)


皆さまのご参加をお待ちしております。


なお、2009年度前期は月曜日に例会を行っております。
毎週月曜日の17時半~
立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第1研究会室にて行います。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
                                    (宇都宮)
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。