日本思想史研究会(京都)のブログ

本研究会は立命館大学を拠点に、歴史学・思想史の問題について時代・地域に捉われることなく、深く考えていく場として設立されました。2014年度後期例会は、個人研究テーマ報告です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12月11日例会予告

皆さまへ

次回の例会は、12月4日(木)です。


報告者は 宇都宮 めぐみ で、
論題および参考文献は以下の通りです。


論題 : 同情と同化のはざまに
   ―同志社女学校専門学部の朝鮮・「満洲」旅行とその「外地」認識―

参考文献 : 
・荒山正彦「戦前期における朝鮮・満洲へのツーリズム 
           ―植民地視察の記録『鮮満の旅』から―」
     『関西学院史学』26号・1999年
・長志珠絵「『満洲』ツーリズムと学校・帝国空間・戦場
      ―女子高等師範学校の「大陸旅行」記録を中心に―」
     駒込武・橋本伸也編『帝国と学校』昭和堂・2007年
・梁智英「「文化政治」を歩く柳宗悦
       ―朝鮮文化事業をめぐる言説を手がかりとして―」
     『比較文学』日本比較文学会・50号・2007年


なお、開始時刻は17時半です。
場所は前期同様、学而館2階第1研究会室です。
(当日の都合によっては、第2研究会室になる場合もございます。)
お間違えのないよう、お気をつけ下さいませ。


例会では、本年度の会費納入の受付も行っております。
皆さまのご参加とご協力を宜しくお願い申し上げます。

                                     (宇都宮)

スポンサーサイト

PageTop

12月4日例会予告

皆さまへ

次回の例会は、12月4日(木)です。


ご報告者は 櫻澤 誠氏 で、
論題および参考文献は以下の通りです。

論題 : 「沖縄戦」の戦後史(仮)

参考文献 : 
 ・鳥山淳「沖縄戦をめぐる聞き書きの登場」
    (『岩波講座アジア・太平洋戦争6』岩波書店、2006年)




なお、開始時刻は18時~

場所は前期同様、学而館2階第1研究会室です。
なお、当日の都合によっては、第2研究会室になる場合もございます。
お間違えのないよう、お気をつけ下さいませ。

例会では、本年度の会費納入の受付も行っております。
皆さまのご参加とご協力を宜しくお願い申し上げます。

                                     (宇都宮)
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。